>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911GTSカブリオレの試作車が走行中!フロントはGT3系、リアは911ターボ系で”911シリーズのいいとこ取り”

| ブレーキはホワイトキャリパーのPSCB? | 新型ポルシェ911カレラGTSカブリオレのプロトタイプが走行中。カレラGTSは「カレラS以上、ターボ以下」というモデルです。「GT」と名はつくものの911GT3、911GT3RSに積まれる自然吸気エンジンではなく、GTSではターボエンジンを搭載することになりますが、フロントバンパーは「GT3」系に近い、3分割式のエアインテークを持つようですね。なお、911「カレラ」系のエアインテークはこういった感じで「横長」となっており、ターボ系もこういった横長グリルを採 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリ・デイトナを現代風に再デザインしたユーチューバー登場!さすがにオリジナルを超えるのは難しかったか・・・

| 昔のピニンファリーナによるフェラーリが持つデザイン的完成度は現代の技術をも寄せ付けない | 最近ではすっかりおなじみになったカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。これまでにも過去のクルマや現行車などを「もしも自分がそのデザイナーだったらこうする」というレンダリングを作成して公開していますが、今回手を付けたのはフェラーリ・デイトナ。デイトナはもはや伝説級のクラシックフェラーリとも言えるクルマで、それだけに「禁断の果実に手を付けたな」という印象も。

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) >ダイハツ(DAIHATSU)

アルファロメオ、ポルシェ、ランボルギーニ・・・。あのブランドはどのグループに属するの?最新情報をまとめてみた

| 驚くべきことに、まだまだ単独メーカーも多く残っている | さて、再編激しい自動車業界。様々なブランドが売買され、たとえばランボルギーニは今に至るまで7回も経営が変わっており、アストンマーティンも7たび経営者が変わっています。そのほかロータスは中国企業に買われたりといった驚きの事例もあり、ここで「どのブランドがどのグループに属しているのか」を見てみたいと思います。

ReadMore

>ウラカンの外装カスタムについて

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを入れてみた!アルミテープ同様の「電波系チューン」かどうか実験してみよう

ランボルギーニ・ウラカンの「エア抜け」対策に さて、ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを注入。窒素ガスをタイヤに(空気の代わりに)注入するメリットはいくつかあると言われ、たとえば空気圧(窒素圧 ...

>ウラカンの外装カスタムについて ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを変更してみた。やっぱりゴールドがよく似合う?

| ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換してみた | さて、ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換。 先日ポルシェ718ケイマンにて同じようにボルトを交換したとUPし ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。ランボルギーニのナンバープレート取り付けはディーラーによって異なっていた!

| ナンバープレートの位置が気になってしかたがない | さて、ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートについて。 ぼくは車のナンバープレートの位置や角度について非常に気にするタイプで、位置、角度とも ...

>ウラカンの外装カスタムについて ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのホイールボルトをチタン製へ交換してみた。もう純正ボルトには戻れない

| さっそくホイールボルトをチタン製へ交換 | さて、先日紹介したチタン製ホイールボルト。 早速交換したのでその様子を紹介したいと思います。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン用のチタン製ホイールボル ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカン用のチタン製ホイールボルトを入手。信頼の日本製「サンダーボルト」

| 念願のチタン製ホイールボルト | さて、ランボルギーニ・ウラカン用、チタン製ホイールボルトを入手。 ぼくは以前よりホイールに関してはその重量をかなり気にしており、ホイールを固定するボルトに関しても ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンに装着のカーボンパーツをリニューアル。仕上げをマットからグロスへと変更

さて、ランボルギーニ・ウラカンへ以前に装着したカーボン製パーツですが、マット仕上げからグロス仕上げへと変更して再装着。前回のマット仕上げについては撮影の時間がなく、画像をあまり残せていないのが残念です ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンの最新「ディーラーオプション」一覧。年々内容が充実

ランボルギーニ・ウラカンの12か月点検にあたり、サービスへ入庫するついでに何かオプションを取り付けようかと考えてオプションカタログを入手しました。 ざっと内容を記載してみると下記の通り(一部抜粋です) ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにカーボンパーツ取り付け完了。マット仕上げを選択

さて、ランボルギーニ・ウラカンにカーボン製のパーツを取り付け。 フロント、リアの細長いパーツですが、これは交換ではなく「ただ被せる」方式なので取り付けは容易です。 フロント(28万円)は取り付け時に一 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにストライプを入れてみようか考える

先日公開されたランボルギーニ・ウラカン向けの「エステキット(エステティック・パッケージ)」。 グロスブラック、マットブラック、レッドのストライプとドアミラーがせってになったものでパーツ代金のみで24万 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ純正オプション、「ホイールバルブキャップ」を購入

ランボルギーニ純正オプション「ホイールバルブキャップ」を購入。 要はエアバルブキャップですが、アルミ削りだしの製品をブラック加工し、ファイティングブルがレーザーで刻印されています。

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ純正エンブレム+カーボン製鍛造エンブレムを購入してみた

ランボルギーニ・ウラカンのエンブレム購入。大幅値下げで半額に ランボルギーニ純正パーツ、リアに取り付ける「Lamborghini」エンブレムを購入。 とくに何かをする予定はないのですが、いつぞやの時の ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのラッピング完了。サクっと撮影してみる

ランボルギーニ・ウラカンをサクっとラッピング。 サイドステップは構造上の問題があり、思ったような形にラッピングできませんでしたが、それでもフロントとは整合性の取れた(下半分をラッピング)状態に持って行 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのインプレッション~ドアミラー編

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4のインプレッション、ドアミラー。

>ウラカンの外装カスタムについて ●ポルシェ・ボクスター(981) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

「なぜホイールを塗るのか」を考える。単に人と同じなのが嫌だから

ぼくはホイールを塗ることが多いですが、「なぜホイールを塗るのか」について考えてみたいと思います。

>ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

最近流行っているタイヤプリント。現実的にはどう?

最近微妙に興味があるのがタイヤプリント。 文字通りタイヤにレターやグラフィックをペイントするものですが、調べてみると施工してくれる業者さんはけっこう多い様子。

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのロゴを作成→PDF化。量産可能に

ランボルギーニ・ウラカン”HURACAN”ロゴを作成し、PDF化(本当はもう少し丸みがあるのですが、面倒だったので直線のみで構成)。 これによってサイズの自由な変更、色の変更、出力サービスにそのまま入 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレート角度を調整してみる

ぼくが異常な情熱を見せるのが「ナンバープレートの「取り付け方法と位置/角度」。 その点においてガヤルドのナンバープレートの位置、角度はいままでぼくが所有してきた車の中で「ベスト」と考えていますが、ウラ ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにワンオフのワイドドアミラーを装着してみた

ランボルギーニ・ウラカンにワイドドアミラーを装着。 ウラカンのドアミラーは、ガヤルドやアヴェンタドール同様、「一旦前に出て、外へ広がる」デザインなのでミラーで視認できる範囲が広く、かつミラー自体も非常 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.