>その他アメリカ車

【動画】かつて「世界最速」だったベクターW8はこんなクルマ!1990年代にはランボルギーニと同じグループだったことも

| 当時このクルマはSF映画に出てくる乗り物のように見えたに違いない | 非常に珍しい、ベクター(ヴェクター/VECTOR)W8の試乗レビューが登場。「ベクター」が会社名、「W8」が車名ということになりますが、ほとんどの人はベクターを知らないと思うので、簡単にその歴史を記すと下記の通り。意外と長い歴史を持つスーパーカーメーカーでもあり、つい最近、新型車を発売するということを予告していますね。ちなみにベクターは「アメリカで最初のスーパーカーメーカー」だと表現されることも多いようです。 1971年にてゼラルド ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「スープラは毎年バージョンアップ。MT、パワーアップ、どちらが欲しい?」トヨタはスープラのヒットに際し早くも派生モデルを検討か

| トヨタ・スープラの発売、そしてBMWとの協業は「成功」だったと言って良さそう | とにかく日米ともに新型スープラの話題で持ちきりですが、つい最近、トヨタは世界中のカーメディアを菅生に招いてスープラの試乗イベントを開催した模様。そこでAutoindustriyaが新型スープラ開発責任者、多田哲也氏に「よりパワフルなエンジン、そしてマニュアル・トランスミッションは登場するのか?」と訪ねたところ、「どちらを先に欲しい?」と逆に聞かれた、とのこと。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

この色ははじめて見た。グレーにゴールドのフェラーリ458スペチアーレ

| 多彩なカラーが出回っているフェラーリ458スペチアーレといえど、グレーは珍しい | オーストリアにて目撃されたというフェラーリ458スペチアーレ。458スペチアーレは、それまでのフェラーリの限定モデルとは異なって多くのカラーバリエーションが目撃されていますが、今回の個体は珍しい「グレー」。これまでにもオレンジやグリーン、ブルーなど様々な458スペチアーレの画像がネット上に出回っているものの、「グレー」を見た記憶はありません。そして、この「グレー」の458スペチアーレにて特筆すべきは「ゴールド」をアクセ ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。久しぶりに撮影をしてきた!ちなみに撮影機材はこんなモノを使用している

| クルマの撮影はロケーション選定、気候などなかなか思うようにゆかない | さて、久々にランボルギーニ・ウラカンの撮影。過去にも何回か撮影を行っていますが、(カメラの)レンズを新しく購入してからはまだ撮影の機会がなく、いっちょ試し撮りでもしてみるか、という感じです。撮影場所は主に大阪・天保山の第7岸壁、通称「ナナガン」(ナナガンじゃないところでも撮影)。日曜日は一部が封鎖されて入ることができないものの、それでも一部では撮影が可能です。 以前にポルシェ718ケイマンの撮影を行ってきた様子はこちら。 久しぶり ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェイスリフト版「新型ベントレー・ベンテイガ」の試作車がはじめて目撃に。ヘッドライトは巨大化、テールランプは横長に?

| 少なくとも現行モデルよりはアグレッシブな外観が与えられることになりそうだ | ベントレー・ベンテイガのフェイスリフト(マイナーチェンジ)版プロトタイプがはじめて目撃。ベンテイガは2016年に発売されており、順当に行くと2020-2021年あたりにモデルライフ中盤のフェイスリフトを行うことになりますが、そのための準備を進めている、ということになりそうですね。画像を見ると、前後がカモフラージュ用のパネルとシートで覆われ、つまりはこの部分が変更されると考えて良さそうです。

ReadMore

>フォード(FORD) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これがフォード・ベイビーブロンコ?試作車に貼られたカモフラージュシートのメッセージがユニークだと話題に

| それは新型ベイビー・ブロンコの性格を如実に表していた | フォードは久しぶりに「新型ブロンコ」を発表する予定ですが、そのブロンコには”より小さな”、ベイビーブロンコ(名称は未定)が設定される、とのウワサ。もし「ブロンコとベイビーブロンコ」が同時発表されれば相当に面白いことになりそうですが、ここ最近目撃されているのが当のベイビーブロンコのプロトタイプ。画像の試作車がまさにその「ベイビーブロンコ」と言われていますが、カモフラージュ用のシート、そして偽装用のパネルにて覆われています。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI)

【動画】今度は白亜の殿堂にてフェラーリ、ブガッティのコレクター。珍しいボディカラー”Vinaccia”の599GTOでドライブしてみよう

| まさに「いいものだけを世界から」 | 訪米中のShmee150氏ですが、アメリカ西海岸のスーパーカー/ハイパーカーコレクターのガレージを積極的に訪問中。そしてスーパーカー系ユーチューバー多しといえど、この人ほどガンガン動画をアップする人もないだろう、というほどのハイペースです。今回紹介するのは白亜の殿堂ともいうべき瀟洒な邸宅。その中には暖炉やピアノがあり、そしてブガッティ・ヴェイロン、ラ・フェラーリほかが鎮座しています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがミドシップスーパースポーツを発売するとこうなる?というレンダリング。しかし実際にそれはないだろうとボクが考えるその理由

| ポルシェは過去に「新型ミドシップスーパースポーツ発売」と言われていた | Behanceにて、複数アーティストによる合作、「ポルシェ988ヴィジョン」が公開。ポルシェの新型ミドシップスポーツカーということになりますが、なんとも大胆な造形を持っていることがわかります。雰囲気的には718ケイマンと918スパイダーとをかけあわせ、ブガッティ・ディーヴォのようなヘッドライトを持っているように見えますね。このクルマがどのポジションに存在するのかは不明ではあるものの、ポルシェは911の上に位置する「ミドシップスー ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米にて自動車ブランド別満足度調査結果。レクサスは安定の1位、韓国勢は下位に沈む。一方で欧州勢がランキングを上げ、日本車を脅かす位置にまで上昇

| 日本のメーカーはモバイルアプリ系に弱く、アメリカ人の求める基準に達していないようだ | アメリカン・カスタマー・サティスファクション・インデックス(ACSI)による、自動車メーカーの満足度調査が公表され、予想通りレクサスがトップに。なお、他社の調査ではヒュンダイやキアが上位に来るケースが見られますがlACSIの調査結果だとけっこう下に位置しており、この内容のほうが「自分の感覚に近い」と考えています。ここで、今回の内容についてその詳細を見てみましょう。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。

ReadMore

>ウラカンの外装カスタムについて

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを入れてみた!アルミテープ同様の「電波系チューン」かどうか実験してみよう

ランボルギーニ・ウラカンの「エア抜け」対策に さて、ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを注入。窒素ガスをタイヤに(空気の代わりに)注入するメリットはいくつかあると言われ、たとえば空気圧(窒素圧 ...

>ウラカンの外装カスタムについて ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを変更してみた。やっぱりゴールドがよく似合う?

| ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換してみた | さて、ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換。 先日ポルシェ718ケイマンにて同じようにボルトを交換したとUPし ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。ランボルギーニのナンバープレート取り付けはディーラーによって異なっていた!

| ナンバープレートの位置が気になってしかたがない | さて、ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートについて。 ぼくは車のナンバープレートの位置や角度について非常に気にするタイプで、位置、角度とも ...

>ウラカンの外装カスタムについて ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのホイールボルトをチタン製へ交換してみた。もう純正ボルトには戻れない

| さっそくホイールボルトをチタン製へ交換 | さて、先日紹介したチタン製ホイールボルト。 早速交換したのでその様子を紹介したいと思います。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン用のチタン製ホイールボル ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカン用のチタン製ホイールボルトを入手。信頼の日本製「サンダーボルト」

| 念願のチタン製ホイールボルト | さて、ランボルギーニ・ウラカン用、チタン製ホイールボルトを入手。 ぼくは以前よりホイールに関してはその重量をかなり気にしており、ホイールを固定するボルトに関しても ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンに装着のカーボンパーツをリニューアル。仕上げをマットからグロスへと変更

さて、ランボルギーニ・ウラカンへ以前に装着したカーボン製パーツですが、マット仕上げからグロス仕上げへと変更して再装着。前回のマット仕上げについては撮影の時間がなく、画像をあまり残せていないのが残念です ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンの最新「ディーラーオプション」一覧。年々内容が充実

ランボルギーニ・ウラカンの12か月点検にあたり、サービスへ入庫するついでに何かオプションを取り付けようかと考えてオプションカタログを入手しました。 ざっと内容を記載してみると下記の通り(一部抜粋です) ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにカーボンパーツ取り付け完了。マット仕上げを選択

さて、ランボルギーニ・ウラカンにカーボン製のパーツを取り付け。 フロント、リアの細長いパーツですが、これは交換ではなく「ただ被せる」方式なので取り付けは容易です。 フロント(28万円)は取り付け時に一 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにストライプを入れてみようか考える

先日公開されたランボルギーニ・ウラカン向けの「エステキット(エステティック・パッケージ)」。 グロスブラック、マットブラック、レッドのストライプとドアミラーがせってになったものでパーツ代金のみで24万 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ純正オプション、「ホイールバルブキャップ」を購入

ランボルギーニ純正オプション「ホイールバルブキャップ」を購入。 要はエアバルブキャップですが、アルミ削りだしの製品をブラック加工し、ファイティングブルがレーザーで刻印されています。

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの内装カスタムについて >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ純正エンブレム+カーボン製鍛造エンブレムを購入してみた

ランボルギーニ・ウラカンのエンブレム購入。大幅値下げで半額に ランボルギーニ純正パーツ、リアに取り付ける「Lamborghini」エンブレムを購入。 とくに何かをする予定はないのですが、いつぞやの時の ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのラッピング完了。サクっと撮影してみる

ランボルギーニ・ウラカンをサクっとラッピング。 サイドステップは構造上の問題があり、思ったような形にラッピングできませんでしたが、それでもフロントとは整合性の取れた(下半分をラッピング)状態に持って行 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのインプレッション~ドアミラー編

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4のインプレッション、ドアミラー。

>ウラカンの外装カスタムについて ●ポルシェ・ボクスター(981) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

「なぜホイールを塗るのか」を考える。単に人と同じなのが嫌だから

ぼくはホイールを塗ることが多いですが、「なぜホイールを塗るのか」について考えてみたいと思います。

>ウラカンの外装カスタムについて >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

最近流行っているタイヤプリント。現実的にはどう?

最近微妙に興味があるのがタイヤプリント。 文字通りタイヤにレターやグラフィックをペイントするものですが、調べてみると施工してくれる業者さんはけっこう多い様子。

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのロゴを作成→PDF化。量産可能に

ランボルギーニ・ウラカン”HURACAN”ロゴを作成し、PDF化(本当はもう少し丸みがあるのですが、面倒だったので直線のみで構成)。 これによってサイズの自由な変更、色の変更、出力サービスにそのまま入 ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレート角度を調整してみる

ぼくが異常な情熱を見せるのが「ナンバープレートの「取り付け方法と位置/角度」。 その点においてガヤルドのナンバープレートの位置、角度はいままでぼくが所有してきた車の中で「ベスト」と考えていますが、ウラ ...

>ウラカンの外装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンにワンオフのワイドドアミラーを装着してみた

ランボルギーニ・ウラカンにワイドドアミラーを装着。 ウラカンのドアミラーは、ガヤルドやアヴェンタドール同様、「一旦前に出て、外へ広がる」デザインなのでミラーで視認できる範囲が広く、かつミラー自体も非常 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.