■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR のリアサスペンション交換を検討中。やっぱりオーリンズしかないのか・・・

| 純正サスペンションはあまりにハネすぎる | さて、ホンダCBR250RRのリアサスペンション交換を検討中。しばらく乗ってみて、「道路の段差で跳ねる」「衝撃をモロに拾いすぎる」という印象を持っていて、どうやらリアサスペンションが「硬く、反発力が高すぎる」のではないかと推測。そこでCBR250RRを購入したホンダドリームの改造推進派スタッフに聞いてみたところ、「CBR250RRは車体が軽く、タイヤがラジアルなのでとくに跳ねるように感じることがある。これを改善するにはサスペンション交換しかない」とのこと。※ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

アブダビより1000万円超を投入したロールスロイス・カリナンのカスタム!オリジナルカラー「タスカン・サン」の内外装を見てみよう

| カリナンの純正カスタム需要はロールスロイスを大きく潤わせる | ロールスロイス・アブダビが「タスカン・サン」と命名されたボディカラーを持つカリナンのカスタム仕様を公開。ロールスロイス・アブダビは「BMWアブダビ」と同じ経営となり、BMWアブダビ共々「世界最大のBMW/ロールスロイスディーラー」。BMWを最も売るのはアメリカの「BMWロングビーチ」だとされますが、ロールスロイスをもっとも売るのはロールスロイス・アブダビではないか、と考えています。 ユーチューバー、BMWアブダビへ。ロールスロイスやカスタ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911GTSカブリオレの試作車が走行中!フロントはGT3系、リアは911ターボ系で”911シリーズのいいとこ取り”

| ブレーキはホワイトキャリパーのPSCB? | 新型ポルシェ911カレラGTSカブリオレのプロトタイプが走行中。カレラGTSは「カレラS以上、ターボ以下」というモデルです。「GT」と名はつくものの911GT3、911GT3RSに積まれる自然吸気エンジンではなく、GTSではターボエンジンを搭載することになりますが、フロントバンパーは「GT3」系に近い、3分割式のエアインテークを持つようですね。なお、911「カレラ」系のエアインテークはこういった感じで「横長」となっており、ターボ系もこういった横長グリルを採 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンに「デイトナ24時間」優勝記念限定車登場。ロレックス・デイトナの「デイトナ」はこのレースのスポンサーが起源であることはご存知?

| ウラカンGT3 EVOは二年連続でデイトナ24時間、セブリング12時間を制覇 | ランボルギーニがウラカンEVOのスペシャルモデル、「ウラカンGT EVOセレブレーション(Huracán EVO ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVO”スパイダー”発表!640馬力、0-100km加速3.1秒、日本国内価格は32,837,602円

イメージカラーは4層ペイントの「Velde Selvans」 つい先日「ウラカンEVO」を発表したばかりのランボルギーニですが、今回はそのオープンモデル「ウラカンEVOスパイダー」を発表。※ウラカン・ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンEVOはこう変わった!ウラカンそしてウラカン・ペルフォルマンテと内外装を比較すると、ちょうどその「中間」のようなイメージだ

ウラカンEVOのパフォーマンスは「ペルフォルマンテ」なみ、しかし価格は「ウラカン」と「ペルフォルマンテ」との中間 さて、ランボルギーニは先日ウラカンのフェイスリフトモデル「ウラカンEVO」を発表。「E ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■ニュース

新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円

出力はまさかの640馬力へ、0-100キロ加速はフェラーリ488GTBを超え、マクラーレン720Sと同等に ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、「ウラカン・エヴォ(Hu ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション >ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ウラカンの生産が1万台を突破。過去のランボルギーニ各モデルはどれくらい売れていたのかを見てみよう

| ウラカンの生産台数が早くも万台を突破 | ランボルギーニがウラカンの生産が累計1万台に達した、と発表。 1万台めのウラカンはヴェルデ・マンティスのペルフォルマンテで、カナダの顧客に納車されるもの。 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ「アヴェンタドールの後輪駆動モデルは絶対にない」。一方でサーキット専用モデルは「あるかも」

| アヴェンタドールの後輪駆動モデルは「NO」 | lamborghini aventador オーストラリアのメディア、「Drive」がランボルギーニの研究開発部門のボス、マウリッツォ・レッジャーニ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」発表。価格は35,613,532円

| クーペ同様のアクティブエアロを装備 | ランボルギーニが予告通り、「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を発表。 これは文字通りウラカン・ペルフォルマンテのオープントップ版ですが、クーペモデル ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニがローマ教皇のためにワンオフのウラカンを制作。ボディカラーはバチカン国旗がモチーフ

フランシスコ教皇のためにランボルギーニがワンオフでウラカンをカスタム ランボルギーニがローマ教皇(法王)のためにウラカンをカスタムして寄贈。 もちろんこれはランボルギーニのカスタマイゼーション部門「ア ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニの新しいスペシャルモデルはコイツだ。ウラカン・スーパートロフェオEVO登場

昨日ティーザー動画が投下されたばかりの「ウラカン・エヴォ」ですが、正式名称「Lamborghini Huracan Super Trofeo EVO(ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エヴ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ発表。日本での価格は31,638,800円

ランボルギーニがついに待望の「ウラカン・ペルフォルマンテ」を公開。 現時点で日本のオフィシャルサイトではペルフォルマンテの最新情報について未公開ですが、これまでの例を考えると早晩更新されるものと思われ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■近況について

最新CI導入のショールーム、ランボルギーニ神戸へ。カスタムされたウラカンも展示

新規オープンしたばかりの最新ランボルギーニ・ディーラー、ランボルギーニ神戸さんを訪問。 母体はランボルギーニ大阪さんと同じ光岡自動車となっています。 立地は三宮の旧居留地にあたり、数々のブランドショッ ...

>ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

イキナリ出た「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2スパイダー」。後輪駆動でコスパ抜群

ランボルギーニが後輪駆動のウラカン、「LP580-2」にスパイダーを追加。 お披露目は2017/11/16より開催のロサンゼルス・モーターショーとなりますが、ひとまずオフィシャルフォトの公開です。 エ ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

これがウラカン「AVIO」だ。空軍っぽい4色にホワイト/ブラック等のアクセントを選択可能

2016年3月に開催されたジュネーブショーにて、ランボルギーニがウラカンの限定車「AVIO」を発表。 ボディカラーはGrigio Falco(パール)が標準で、ほかにマットカラーとしてVerde Tu ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンLP580-2発表。前後バンパー形状が変更に

ランボルギーニがウラカンLP610-4のRWDバージョン、「ウラカンLP580-2(RWD)」を公開(ランボルギーニのオフィシャルページはこちら)。 サスペンション、アンチロールバーの硬さをウラカンL ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパートロフェオ。 2014年8月18日、ペブルビーチにて公開。

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンGT3

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、「ランボルギーニ・ウラカンGT3」。 2015年1月、ランボルギーニ本社にて公開。 ランボルギーニとダラーラとの共同開発によるレーシングカーで、欧州や北米の耐 ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンLP610-4 POLIZIA

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、イタリア警察仕様(ポリスカー)。 正確にはバリエーションではないとも言えますが、ランボルギーニが製作したスペシャルモデルということでここで紹介。

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション~ウラカンLP610-4(MY2015)

  ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(2013年発表、2970万円)。     ウラカン・ファミリーの第一弾、”ランボルギーニ・ウラカンLP610-4”(2013/ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.