>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

限定フェラーリやポルシェを入手できる」としてお金をだまし取った伝説の走り屋。「湾岸ミッドナイト」のモデルだった有名人物がなぜ?

| 「ブラックバード」のモデルであり、ミニカー化までなされていた | 週刊文春(文春オンライン)が衝撃的なニュースを掲載。それは「世界で500台しかないフェラーリ売ります……逮捕された男は“伝説の走り屋”だった」というもので、日本では有名な走り屋がラ・フェラーリやポルシェ918スパイダーを販売すると偽り、お金をだまし取っていた、というもの。これによると、その伝説の走り屋「吉田栄一」容疑者がモナコの資産家から、ラ・フェラーリを入手できるとして合計2億5000万円を2016年までに受け取っていた、としています ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「MSO」でカスタムした600LT登場。カーボンファイバーに加えボディカラーは”ヴェガ・ブルー”

ルーフにはMSO特性のシュノーケル マクラーレン・サンフランシスコがMSOにてカスタムした600LTの画像を公開。600LT発表時のボディカラーは、グレーにパールオレンジをかけたような「シケイン・エフェクト」ですが、この個体のボディカラーは「ヴェガ・ブルー」。マクラーレン自身もこれまでにいくつかの600LTを公開しているものの、このボディカラーは「初」だと思います。

ReadMore

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マーカス・フラッシュ氏がカーメディア「Motoring」にこう語っています。「我々は、キドニーグリルを装着した、ミッドシップレイアウトのスーパーカーに非常に興味を持っている。いかなる既存モデルとも共通性のない、単独で存在するハイパフォーマンスカーだ」。 BMWの役員「一生に一度は胸を張れるスーパーカーを作りたい ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■近況について ■ニュース

新型アウディTT 40 TFSIを見てきた!変更は最小限ながらも上位グレードのデザインが取り入れられてお買い得感が向上

| ただし基本的な価格がちょっと高い | 新型アウディTTが日本でも発表され、ディーラーに配備されたので早速アウディ箕面さんへ。展示車兼試乗車は、FFモデルとなる「アウディTT 40TFSI」です。この「40」そして4WD(クワトロ)モデルに付与される「45」といった名称は、現在アウディが本国において進めている「ヒエラルキー」を数値化したもの。メルセデスAMGの「43」や「63」のようなものですが、今回からアウディTTにも導入されたということになりますね。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない | マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内装はこれだけ選択肢が広がった!ステッチやシートベルト、素材の選択肢がこれまでに比べて大きく増加

これでライバルとくらべても見劣りしないレベルに さて、すでにランボルギーニ・ウラカンEVOのボディカラーについて公開しましたが、今回は内装の選択肢を見てみましょう。まず、基本パターンというものがあって ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

これがランボルギーニ・ウラカンEVOの全ボディカラーだ!マットやヒストリックカラー含めて全40色から選択可能

まさに過去のランボルギーニの人気色フルラインアップ さて、発表されたばかりのランボルギーニ・ウラカンEVO。発表と同時に公式ウエブサイトが更新されるのはもはやランボルギーニの常だと言えます(全世界同じ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■ニュース

新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円

出力はまさかの640馬力へ、0-100キロ加速はフェラーリ488GTBを超え、マクラーレン720Sと同等に ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、「ウラカン・エヴォ(Hu ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカン後期モデル「ウラカンEVO」の画像が登場!リアエンドは大きく変わり、ウラカン・ペルフォルマンテ風に

見たところアクティブエアロ(ALA)の装着はない? さて、ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルの情報が徐々に公開。これはランボルギーニがリリースしているオーナー向けのアプ ...

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

2019年に気になるクルマはコイツらだ!新型ポルシェ911、スープラ、アルピーヌA110、ランボルギーニ・ウラカン後期型

2019年はスポーツカーの当たり年となるか さて、2019年はけっこう気になるクルマが多数登場。正確に言うならば、2019年に発表されるクルマの展示・試乗車に加え、2018年に発表されたクルマの生産が ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニが「オーナー限定」アプリ内で新型ウラカンのティーザー画像公開。新デザイナーのもとアグレッシブな外観に

フロント、サイドは「グリルレス」化、よりデザインは複雑に ランボルギーニが、ウラカンのフェイスリフトモデルについて、ついにティーザーキャンペーン開始。実車はジュネーブ・モーターショーにて公開されると思 ...

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト/ワーストカー」。ベストはランボルギーニ・ウラカン、ワーストはフィアット695

意外とジェレミー・クラークソンは車とその性格とをあわせて冷静に見ている lamborghini huracan ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト5」「2018年のワースト5」が公開 ...

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】フェラーリやランボルギーニ、ポルシェを格安で買う方法はこれだ!ユーチューバー、不動車専門オークションへ

ユーチューバー、JohnStax氏が格安スーパーカーを入手しようと「廃車専門」オークション業者の保管スペースに潜入。そこにはこれから出品を待つ「訳あり」車両が大量に置かれていおて、世の中にはこれほどま ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】リアウイング大きすぎ!レーシングカーばりの超ワイドフェンダーで武装したドリフト仕様のBMW M2

ドリフト大好き、アメリカ西海岸からハードカスタムのBMW M2 いつもハードなカスタムカーやイベントを紹介してくれるユーチューバー、DailyDrivenExotics氏。今回は比較的よくツルんでいる ...

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】フェラーリやランボルギーニのマフラー交換はこうする。手間はかかるけどサウンドは一気に魅力アップするぞ

フェラーリ488スパイダーにチタン製エキゾーストシステムをインストールしてみた ディーラーに依頼すると230万円もかかるブガッティ・ヴェイロンのオイル交換を「自分たちでやってみた」動画で一躍人気となっ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンの限定モデル「アヴィオ」をカスタムしたチューナー登場!ミリタリーカラーとカーボンとの相性は抜群

| ウラカン・アヴィオは地味だが素晴らしい限定モデルだ | ドイツのチューナー、「LUETHENモータースポーツ」がランボルギーニ・ウラカン・アヴィオ(AVIO)をカスタム。 ウラカン・アヴィオはウラ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

なぜ?一旦は落札された「バチカン仕様ランボルギーニ」が懸賞の景品として登場

2018/12/8  

| 一度は1億円近くで落札されたのになぜ? | ランボルギーニは以前に「バチカン仕様」のランボルギーニ・ウラカンをワンオフにて製作していますが、これは2018年5月にRMサザビーズが開催したチャリティ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンRWD用純正エアロパーツはなかなか格好いいぞ!ペイントしたり縁取り追加で迫力が倍加しそう

ランボルギーニ・ウラカンRWD用の純正エアロキットは4WDよりもカッコイイ? さて、けっこうオプションパーツ展開に積極的なランボルギーニですが、今回紹介するのは「ウラカンRWD」用のエアロキット(現在 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニCEO「PHEVは我々の未来」。次期V12はハイブリッド化で1172馬力、次期V10モデルは985馬力とのウワサ

| ランボルギーニはエレクトリックにその未来を見る | ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア「The Drive」のインタビューに答える形で「2021年に登場するであろうアヴェ ...

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

V6登場のウワサがあったR8。アウディが「R8にはV10以外考えられない」としV10継続を表明

| 態度の決まらなかったアウディR8の方向性がようやく決まる | アウディがカースロットルのインタビューに対し、「現行アウディ存命中にはV10以外のエンジンが追加されることはない」と明言した模様。 現 ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンRWDをカスタムしたチューナー登場。前後異径ホイールにフルエアロ

| 後輪駆動のランボルギーニ・ウラカンをフルエアロ化 | Strasseがランボルギーニ・ウラカンの後輪駆動モデル、「RWD」をカスタム。 ウラカンには4WDモデルと後輪駆動モデルがあって、前者は単に ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

【動画】違法チューンは日常茶飯事?LA、カナダにて違法ランボルギーニが堂々走行。17歳のオーナーが警察にしょっぴかれる

| 西海岸はいつもこんな感じ? | ユーチューバー、DailyDrivenExotics氏がアメリカ西海岸、そしてカナダでのスーパーカー事情をいつものように公開。 本人はランボルギーニ・ウラカンに乗り ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連

北米の正規ディーラーにて、ランボルギーニ・ウラカンのレース用車両が2000万円で販売中。この価格はまさに「バーゲン」

| 競技用のウラカン・スーパートロフェオ。コレクション用にいいかも | ランボルギーニの正規ディーラー「ランボルギーニ・パームビーチ(たぶん世界最大規模)」にて、ウラカンのレーシングカー「ウラカン・ス ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.