>アウディ(Audi)

アウディTTには「タルガトップ」コンセプトが存在した!米同時多発テロ直後の公開だったため完全に忘れ去られることに

| 公開のタイミングがあまりに不運だった”TTオープンスカイ・コンセプト” | 先日、アウディCEOによって引導を渡されてしまったアウディTT。残念ながら販売台数減少に加え、そしてアウディ自身が「スポーツカーには注力しない」という方針のために現行モデルをもって生産が終了されることになります。ただしアウディCEOも「アウディのイメージを変えたというTTの功績」を認めており、実際にTTが果たした役割は大きく、それはほかのどのモデルでもできなかったことだろう、と考えています。

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーが英人気モデルのために1956年製「XJ120」をカスタム。出力向上、高速走行に耐えるほか、内装はヴィンテージレザーでドレスアップ

| モデルならではセンスで内外装をオシャレに変更 | ジャガーが1948年から1954年にかけて製造していた「XK120」をレストアして公開。すでに70年が経過するクルマとなりますが、これはエンジン型式名である「XK」と最高速度の時速120マイル(193キロ)とを組合わせた車名を持ち、つまりは「当寺の相当な高性能車」。エンジンは3.4リッター直列6気筒、出力は180HP、トランスミッションは4速MT。ボディサイズは全長4270ミリ、全幅1550ミリ、全高1270ミリ、重量は1143キロ。生産台数は12,0 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

今まで不明だったマスタング・シェルビーGT500の出力が「760馬力」に確定。フォード史上もっともハイパワー、V8史上もっともリッターあたりの出力が高いエンジンに

| フォードはシボレー、ダッジに比べるとこれまで「それほどマッスル」ではなかった | フォードが「マスタング・シェルビーGT500」のスペックを公開。車両そのものは今年早々に発表されていたものの、スペックは明かされておらず、「出力700馬力以上」「0-100キロ加速3秒台半ば」という曖昧な数字が語られていた程度です。そして今回ついにそのスペックが明らかになったということですが、その出力はなんと760馬力で、これは「647馬力」のフォードGTを超えて”フォードのロードカー史上最強モデル”に。 フォード「マス ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベット発表前の「買い控え」?現行C7コルベットの売れ行きが芳しくなく、在庫は93日分も

| このままでは新型コルベット発表までに売りきることはできない | 新型コルベット(C8)の発表まであと一ヶ月。そんな状況の中、3月には現行コルベット(C7)の在庫が「232日ぶん」余っているとも報じられましたが、最近はその在庫は現在「98日ぶん」まで圧縮されたとの報道も。ただ、経過日数から逆算してみると「とくにペースが速くなったわけでもなく」順当にその数が日割りペースで減っているだけのようです。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・シビック・タイプRがバサースト・サーキットでもFF最速ラップを記録。これで記録は「7つのサーキット」に

| ニュルブルクリンクを皮切りに欧州の5大サーキット、そしてバサースト | ホンダ・オーストラリアが現地バサーストにあるマウント・パノラマ・サーキット(通称バサースト・サーキット)にてFF車市販最速と ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

【動画】ホンダがWRC参戦のために2台だけ製造した「ミドシップ版シビック」が存在した!という設定の魔改造シビックを見てみよう

| このクオリティを見るに、ホンダ自身のプロジェクトと言っても信じてしまいそう | なんとミッドシップへとホンダ・シビックを改造してしまった男が登場。その男とはホットロッドビルダーのアンディ・バーチェ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

【動画】コレ欲しい!スズキ海外法人がジムニー型ローラースケートを製作してあらゆる環境を走りまくる動画を公開

| その走破性はまんまジムニーの性能にもつながっている | スズキがジムニーの走破性をアピールするため、なかなかに面白い動画を公開。なんとジムニー型の「オフロード用ローラースケート」を履いたスケーター ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダNSXの特別塗装色は68万円!その価値があるかどうか、ポルシェやランボルギーニの事例も見てみよう

ポルシェだと1000万円以上の特別塗装色もある ホンダNSXは特別塗装色として、68万円の”Andaro”なる系統のボディカラーを2色用意していますが、今回ユーチューバーがその塗装工程を見学し、その価 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

レクサス「欧州と中国でEVを発売する」。なぜどのメーカーも欧州と中国でばかりEVを発売するのか?

それは環境規制、政策と優遇措置とのバランスから レクサスの澤 良宏プレジデントがAutoNewsに語ったところでは、「レクサスは中国と欧州でエレクトリックビークルを発売する」とのこと。このエレクトリッ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】このフロントウイング大きすぎ!ホンダ・シビックをヒルクライム仕様に魔改造したクルマをなぜかトーヨータイヤが紹介してしまう

| どうやらアメリカはこれでも合法に走れるらしい | なぜかTOYO TIREがヒルクライム仕様にカスタムされたエクストリームなホンダ・シビックを公開。これは5代目のEG型(1991−1995年)を改 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダS2000の元祖「SSMコンセプト」はピニンファリーナデザインだった。S2000との差、そしてS2000を再評価してみよう

2019/4/27    , , ,

S2000はピュアさを貫いたからこそ今も変わらぬ輝きを放っている さて、今回は1995年の東京モーターショーにて発表されたホンダのコンセプトカー、「SSM」を紹介。これは見ての通り後のS2000へと繋 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】また別の謎シビック・タイプRも出てきたぞ?ニュルにて「ローウイング」など新型タイプRの複数バリエーションがテスト中

シビック・タイプRのマイナーチェンジ版は「3グレード」で展開? つい先日、謎のホンダ・シビック・タイプRがニュルブルクリンクにてテストを行う様子をお届けしましたが、今回はその詳細画像と動画、そして新バ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

【動画】作ったのは世界に14人しかいない”公式”レゴ職人!灯火類が点灯可能な「実物大ホンダ・シビック・タイプR」が公開に

一番苦労したのはワイパーとリアウイング 多くの自動車メーカーがレゴとのタイアップにて「実物大」のクルマを(レゴにて)製作していますが、今回はホンダがシビック・タイプRを公開。これまで「実物大」レゴだと ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

謎のホンダ・シビック・タイプR試作車が複数でニュルを周回中。マイナーチェンジモデル、そしてカーボンルーフ装着のハードコア版か?

基本的な形状は変更されていないように見えるが ホンダが二台のシビック・タイプRをニュルブルクリンクに持ち込んでテスト中。その「二台」とはイエローの個体とホワイトの個体で、見たところ各部の形状自体は両者 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】マクラーレン600LTをシャシダイでパワーチェック。600馬力のところ実測は574馬力→この現象を解説しよう

クルマの馬力表示はエンジン単体のものであって軸出力ではない フォードのチューニングや「ヴェノム」シリーズの発売でおなじみのヘネシー・パフォーマンスがマクラーレン600LTをシャシーダイナモでパワーチェ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ホンダ・フィットはこうなる?ホンダはSUV風フィットも投入して利益率向上を目指したいはずだ

おそらく新型フィットのデザインはもっと大胆に変わりそう 先日より頻繁にプロトタイプが目撃されている新型ホンダ・フィット。スパイフォトを見ると、現行モデルとは大きく変わりそうな外観を持つようですが、今回 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

オーナー自ら納屋に専用の部屋を作って「封印」していたホンダ・インテグラ・タイプR。10年ぶりに部屋が開放されて販売されることに

保管時にはカバーをかけ、ジャッキアップしておくという念の入れよう ジャパニーズ・ネオクラシックの例に漏れず、ホンダ・インテグラ・タイプR(DC2)の価格は上昇傾向。そして今回eBayにインテグラ・タイ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2019年3月の国内乗用車登録ランキング。クラウンのランキングが下がらず、SUVは全般的に人気なるもエクストレイルが圏外に。なおデリカD5は前月の3倍が売れる

レクサスもかつてないほど順位を上げる。UX、ESといった廉価モデルが人気 toyota さて、2019年3月の国内自動車登録(販売)状況。上位はあまり変動はなく、しかしノートの強さが光る状態が続いてい ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ホンダ・フィットの「ベースモデル」も目撃に。ホンダがせっかく確立した「顔」を捨てる理由は?

新型フィットには航続可能距離300キロのEVも登場か 先日、「オフロード風味」の新型ホンダ・フィットが目撃されましたが、今回は「ノーマルな」モデルチェンジ版ホンダ・フィットが捕捉。「オフロード風味」フ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

米にて、タカタのエアバッグ関連死亡事故が発生。これで死者は24名、怪我は300件に。中古車だとリコールの案内が届かない例も

| 今回の死亡者は3ヶ月前にこのシビックを中古で購入したばかり。リコール案内が届いていなかった | アメリカにて、タカタ製エアバッグを装着したホンダ・シビックでの(エアバッグ起因の)死亡事故が発生し、 ...

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

「高級車レンタカービジネス」に暗雲。レンタカー全体の2%にとどまり、利用者も「次は利用しない」の謎

それは貸す側のサービスが料金に見合った「プレミアム」ではないから blog 調査会社、JDパワーが「カーシェアリング」「レンタカー」についての顧客満足度調査結果を発表。これによると、カーシェアリングに ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) ■駄文(日々考えること) ■ニュース

「SUVが飽きられた」?しかしそれでも各メーカーはまだまだSUVを投入し続けるとボクが考える理由

トヨタC-HRの減速はおそらくトヨタとしても「織り込み済み」だ ミニバンやコンパクトカーは飽和状態だが、SUVはまだ飽和していない 東洋経済にて”「C-HR」が苦戦?人気SUVが飽きられ始めた理由”と ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.