ad-728





>シトロエン/DS(CITROEN/DS)

シトロエンC4カクタスはそろそろフェイスリフト。なんと「エアバンプ」を捨てる?

2017/07/02

シトロエンC4カクタスは(本国で)登場して既に3年半が経過しており、そろそろフェイスリフトが囁かれる頃。
噂によると顔つきが新しくなり、リアエンド、インテリアも一新される上、なんと「エアバンプ」を廃止する、と報道されています。
「エアバンプ」はC4カクタスをスターダムに押し上げた装備とも言え、その後C3/C5エアクロスにも採用されただけにこれがなくなるのはちょっと意外。

加えてエアバンプは「カクタス」のネーミングの由来となっており、というのも「カクタス=サボテン」は棘を持って自分の身を守ることで知られますが、それと同様に「エアバンプ」で車体を守るということから「カクタス」という名前が与えられているわけですね。

それを廃止するというのはかなり思い切った行動とも言えるものの、最新モデルにも採用されているところを見ると「構造や素材に問題があった」わけでは無いと思われ、そしてそれを取り去ったところには何を代わりに取り付けるのか、も気になるところ。

もし何も取り付けないのであればプレスを変更するということになり相当なコストがかかることを意味しますが、それをあえて行うだけの意味はないとも思われるので(そしてエアバンプがなくなればボディを”守れなく”なる)、やはりプレスは今のままでエアバンプが「何か」に置き換わるのでは、と推測しています。

そして「置き換える」のであればエアバンプ以上の効果があるものや、さらに魅力を増すデザインを持つものだろう、とも考えています。

関連投稿:シトロエンはC4カクタスに続く新たなSUVを計画中。フランスで生産の予定

001

シトロエンは150億円程度を投資してフランスに新工場を建設し、新型SUVの生産を行う模様。
一時は欧州圏外への工場建設が有力でしたが、結局のところフランス国内に落ち着いたようで、2018年に稼働を開始する、とのこと。

新SUVの詳細は不明ですがPSAグループのEMP2プラットフォームを使用すると見られ、プジョー5008、シトロエンE-メアリもこの新工場で生産の予定。
シトロエンは今のところC4カクタスが大人気で欧州以外への供給が十分行えておらず、従って日本についても未だ未投入のまま。
新工場建設にて生産能力を増強し、魅力的な新型車を多数出してくれればいいなあ、と思います。
※画像はエアクロス・コンセプト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->シトロエン/DS(CITROEN/DS)
-, , , , , ,