ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがラピードE(エレクトリック)」について語る。「素晴らしいハンドリングを持ち限定155台」

2017/07/03

アストンマーティンがついにラピードのエレクトリック版「ラピードE63」の情報を公開。
ラピードのエレクトリック版については2年以上も前に話が出ており、当時は「本当に製造できるのか」と思ったものの、なんとか実現までこぎつけたようですね。

当初アストンマーティンは中国のLeEcoをパートナーに開発を進める予定だったものの、LeEco自身のプロジェクト「ファラデー・フューチャー」が立ち行かなくなり、一旦こちらと手を切ってウィリアムズと新たにパートナーシップを締結して仕切り直し。
これによって登場が遅れたことになりますが、結果的には「中国企業と手を組む」よりは良かったんじゃないかと考えています。

現時点では情報は限られており、しかしベースは「ラピードAMR」になることが公開。
「AMR」はアストンマーティンの新ブランドで、レースにインスピレーションを受けたシリーズを提供しており、ラピードEもまたサルーンというよりは「スポーツ寄り」の性格となるであろうこともわかります。

なお発売は2019年、生産台数は155台に限定されるようですが、これは「EV」というアストンマーティンにとっての初モノということもあり、「希少性を高める」というよりは「何が起きるかわからないというリスクを最小限にとどめながらもデータ収集が可能だと考えられる数」なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , ,