ad-728



>ランボルギーニ・ウラカン関連

アウトバーンではこうしろ。ランボルギーニ・ウラカンに乗ったオッサンが時速300キロ以上で解説する動画

2015/06/11

Pocket
LINEで送る

 

各国で交通ルールやマナーは異なりますが、速度無制限区間のあるアウトバーンで「やってはいけないこと」を解説したビデオ

Untitled-3 (1)
要約すると下記のようです。
ぼくら日本人からするとけっこう普通のことですが、アメリカ人向けとして紹介されており、ウインカーの点灯が不要なカリフォルニア(滞在中はそう聞いた)など比較的フリーダムなアメリカ人にとっては注意すべき事項なのかもです。
なお、動画で使用されている車両はランボルギーニ・ウラカンで、カメラの角度のせいで速度をはっきり読み取れませんが、時速300キロ以上出している模様。
異常な加速と安定感、そして轟音は特筆モノです。

1.テールゲーティング(せっつくように先行車の後ろにつく行為)はダメ。これは違法行為で免許取り消しになるか、3年の懲役を課される可能性も
2.右側から追い越さない。違法ではないようですが非常に危険で、もしそうする場合は後方をしっかり確認する
3.左側は追い越し車線なので開けておく。追い越ししないのであれば右側走行を心がける
4.Uターンしない。(同じ方向の車線ではないと思いますが、中央分離帯が無いところでの話と思われる)
5.エマージェンシーレーンは故障やガス欠の場合のみ使用する。停車時はハザードの点灯、サインの掲示を行う
6.アウトバーンへの乗り入れは注意する。降りるときは180-280メートル前からターンシグナルを点灯させる。

->ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , ,