ad-728





>ランボルギーニ・ウラカン関連

ピンクのランボルギーニ・ウラカンを駆る女性が「ハーフマイルで女性最速」記録を更新

2018/09/14

モード・ブーラディアーさんがハーフマイルレースにて時速210マイル(時速337キロ)を記録し、公式に「世界最速の女性」として認定。
これはヘフナー・パフォーマンスによってチューンされたウラカンを駆っての記録となり、そのウラカンは、見ての通りクロームピンクにラッピングされた個体。

エンジンはツインターボによって2000馬力へとパワーアップされていますが、これをチューンしたのはランボルギーニなどハイエンド系スポーツカーを販売するディーラー、とのこと。
なおアメリカの場合、他の国とは異なってディーラーに対しての自由度が大きいようで、「世界統一CI」を採用していないケース、同じショールーム内で他ブランドと併売しているケースも。
加えてメーカーに対する発言力が相当に強いように思われ、これは長年「世界ナンバーワン市場」であったことに起因するのだと思われます。

なお、同じ車にてチームのレーシングドライバーが走行させた際には214マイルを記録していますが、彼女はレーシングドライバーのドライブに対してわずか「4マイル」遅れるのみで、かなり腕の立つ女性ドライバーと言えそうです。

関連投稿:ドバイ在住の女性がウラカンをカスタム。-100キロ、+90馬力。ボディカラーはパープルに

ドバイ在住の女性がランボルギーニ・ウラカンをカスタム。
エアロパーツはevoZport製でカーボンファイバー製のフロントフード、ドア、フェンダー、フロントスプリッター、サイドスクープエクステンション、リアウイングなどを装着。
これによって実に重量を100キロほど削っているとされますが、さらにはECUとエキゾーストシステムのチューンにて+90馬力の700馬力へ。

マイナス100キロ、プラス90馬力となると相当にパフォーマンスが向上していると思われるものの、外観もそれ以上に過激。
ボディ全体はマットクロームパープルにラッピングされ、ブラックのストライプ入り。

キーは本来樹脂むき出しのブラックでキートップはクロームなのですが、これもボディカラー同色のパープル、そしてブラックにペイント(もしくはラッピング)されており、ネイルもパープルとなっています。

ドライバーの女性。
髪の毛もパープルっぽいカラーですね。

VIA:CARSCOOPS

関連投稿:人気ユーチューバー、ウラカンを買う。カスタムも完了し、早速自身のウラカンを紹介

ユーチューバー、スーパーカー・オブ・ロンドン氏が新しく購入したランボルギーニ・ウラカンRWDをレビュー。
以前にはアウディR8、ランボルギーニ・ガヤルド、メルセデスAMG GT等を乗り継いでいますが、今回ウラカンを購入し、ラッピングほか内外装にカスタムを施しています。
ボディカラーはアランチョ・ボレアリスでバレンチノ・バルボーニ風のストライプが入り、ホイールは鍛造のミマス(マットブラック)。

リアの「Lamborghini」エンブレムはブラック仕上げ。

キーもラッピングにてホワイト&ゴールドに。
ウラカンのキーは「真っ黒」で樹脂むき出しであり、ここはなんとかしたい、と多くのオーナーさんが考えているようですね。

ちょっとわかりにくいのですが、センターコンソール横のパーツは右がホワイト、左がゴールド。
つまりボディのストライプや、キーのラッピングと同じカラーということですが、「左右色違い」は面白いと思います。

Supercar Of London(SOL)氏はかなり早い段階から活動を行っており、10代の頃からスーパーカー動画をYoutubeに上げ続け、その収益でスーパーカーを買った「叩き上げ」のユーチューバーとしても有名ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , , , , ,