ad-728





>フェラーリ(Ferrari) ■映画や音楽、本について

エルトン・ジョン所有のフェラーリ・デイトナが競売に。ヒットチャートでトップ獲得記念に購入された車両

2017/07/17


エルトン・ジョンが所有していたフェラーリ365GTB/4がオークションに登場。
これは「Goodbye Yellow Brick Road」がヒットチャートのトップとなったときにエルトン・ジョンが(1973年に)新車で購入したもので、その後1975年に売却され、数名のフェラーリクラブ会員の手を経た後、今回の競売に(そのうちの一人は16年間これを保有)。

フェラーリ365GTB/4、通称「デイトナ」は1300台近くが生産され、しかしそのうちの158台のみが右ハンドル。
実際に乗ることを考えると右ハンドルで走行できる国が限られますが、こういったクラシックフェラーリは「乗るために買う」のではなく「希少な車をコレクションに加える」ために購入するのだと考えられ、となると数の少ないほうが圧倒的に「希少価値が高い」ということに(以前も右ハンドル+MTという相当にレアなフェラーリ599GTBが高値を記録している)。

走行距離は132000キロ(相当に走っている)、予想落札価格は最高で8000万円ほど、と見られています。

なお「デイトナ」は当時ランボルギーニ・ミウラを差し置いて「世界最速」のスポーツカー。

エルトン・ジョンはスポーツカー好きで知られ、初代NSX発売直後もレッドの個体を購入していますね(恋人へのプレゼントとしてですが)。

内装やエンジンは非常に美しい状態。
距離を考えると「きれいすぎる」ほどで、どこかの段階でレストアが行われたものと思われます。

VIA:CARSCOOPS

->フェラーリ(Ferrari), ■映画や音楽、本について
-, , , , ,