ad-728





>アウディ(Audi) >ポルシェ・カイエン関連 >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■映画や音楽、本について

ディーゼル不正事件の余波収まらず。さらにポルシェが調査の対象になりアウディからは逮捕者が

2017/07/17


ポルシェがさらに「ディーゼルエンジンの不正」で調査を受けている、との報道。
以前のものはステアリングラックにデバイスを仕込み、「排気テストを受けている」とそのデバイスが判断した際に自動的に排ガスをコントロールし数値を低く見せかける、というもの。
これによってテスト中の数値は低くなるものの、もちろん実際に走行したときはもっと「高い(悪い)」数値が出ることになり、このデバイスについての捜査を受けている、という報道でしたね(結論は出ていない)。

今回指摘されているのは「カイエンに搭載されるディーゼルエンジン」の数値に関わる不正で、この数値を偽って報告していた、という内容(捜査の初期段階であり詳細は不明)。
カイエンに積まれるディーゼルエンジンはアウディから供給されるものですが、アウディではすでに同じ内容にて逮捕者が出ており、そこから供給先のポルシェにも影響が及んだものと思われます。

今回のディーゼル不正事件に関してはかなり根が深いと思われ、フォルクスワーゲンが発端となったもののルノーも同様の不正を指摘されており、捜査の手は各メーカーへと「飛び火」していますが、まだまだいろいろな問題が出てきそうですね。

ディーゼル不正事件についてはレオナルド・ディカプリオが映画化権を獲得し、一連の事件を映画化する意向とされますが、アメリカはこういった「巨大企業の内幕(陰謀)」を描く映画に比較的人気が集まるようにも思います(これまでもタバコや保険に関する作品ほか、いろいろなものがある)。

->アウディ(Audi), >ポルシェ・カイエン関連, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■映画や音楽、本について
-, , , , , ,