ad-728





>アウディ(Audi) ●アウディTT(8S)

アウディTTの外装カスタム。ホイールのペイント(ブラック)、そしてエンブレム外し

2017/08/17


さてアウディTTのカスタム。
まずはホイールですが、これは4輪ともグロスブラックにペイントしています。
ディーラーさんで納車前にペイントしてもらっており、センターキャップも指定してブラックに。
最近はなかなかこういった塗装を引き受けてくれるディーラーさんが少なくなってきていますが(メーカーからのお達しと思われる)、TTを購入したアウディ東大阪さんでは快く引き受けてくれ、非常に感謝しています。

なお、ぼくは車を購入する際にはたとえちょっと遠くともいくつか(そのメーカーの)ディーラーさんを訪問しますが、それはこういった「納車前カスタム」や納車後のカスタムを快く引き受けてくれるかどうか、その他購入後もずっと付き合って行けるかを判断するためで、今回の「アウディ東大阪さん」も居住地からかなり離れているものの、「ずっと付き合えそうだ」と判断しての選択(多分これからも色々とお願いすることが出てくると思われる)。

ぼくは購入した車のほとんどにおいてホイールをペイント、もしくは純正にてペイントされたものを選択していますが、そればブラックであったり、時にはラインを入れてみたり、ゴールドやイエローに塗ってみたり、と様々。
その車に似合いそうな色や、その時考えるカスタムの方向性に合ったカラーを選んでいますが、傾向としては「グロスブラック」が比較的多くなっています。



なお今回のTTにおいては下回りをブラックとすることで視覚的重心を下げようと考えていて、ホイール、フロントスプリッター、マフラーエンドをブラックに(これら全て同時にアウディ東大阪さんへペイントを依頼)。
反面グリルフレーム、フューエルリッドはシルバーのまま残しており、加えてのちにドアミラーもTTSのマットシルバーのものへ交換を予定しています。

要は「下は黒で重く、上はシルバーで軽く見せようという計画で、これはミラーキャップをTTSのものへ変更するまでイメージ通りに仕上がるかどうかは不明(そこがカスタムの面白いところでもある)。

もう一つここで紹介するのは「エンブレム外し」。
ぼくはボディにエンブレムやモデルネームがついているのが好きではなく、外せることができる場合は例外なく外します(今回は納車前にアウディ東大阪さんに依頼して外してもらった)。

外すと穴が残ってしまい「外すことで美観を損なう」場合はそのままにしておくことがありますが、その場合でも(以前のアウディ8J TTやランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンのように)ボディカラーや取り付けられている周辺パーツと同じ色に塗装し、できるだけ「目立たなく」するのが通例。

TTの場合はボンネットにアウディのフォーリングス、サイドに「S Line」バッジ、リアにもフォーリングスや「QUATTRO」「TT」などのエンブレム/バッジがあり、これらは全て除去。

TTではこれらを外しても穴が残らないため、塗装して再装着する、といった計画はありません。
↓ナンバープレートのカバーは以前ランボルギーニ・ガヤルドに使用していたもの

->アウディ(Audi), ●アウディTT(8S)
-, , , , , , ,