ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

偽装なしのポルシェ・カイエン2018年モデルが目撃に。新形状のフロントグリルが特徴

2017/07/17


先日目撃された「謎カイエン」、つまり2018年モデルのカイエンについて、ほぼ偽装なしのプロトタイプが走行中。
先日のボディカラーはブラック、今回はブルーということで随分印象が異なり、ブラックの方は大きくグリルが口を開けているように見えたものの、今回の画像だと「今までとあまり変わらない」ようにも見えますね。

↓こちらは以前に目撃された謎カイエンで、左右グリルのルーバーとセンターグリルのルーバーがつながっているように見え、ボディカラーのせいもあって「グリルが大きく見えた」模様。

未だにこのカイエンが「フェイスリフト版」なのか「次期モデル」なのかは不明で、フェイスリフトであれば間隔や内容について不自然な点も多く、次期カイエンだとすると変更範囲が小さいようにも思われ、なかなか判断のつかないところ(現行のボディを身にまとった次期型だとしても、その偽装の精度が高すぎる)。

いずれにせよ、今回目撃されたカイエンについて、おそらくテールランプはパナメーラのように「左右が繋がった」形状になると思われ、これはフロントの「一直線」ルーバーとデザイン的整合性があるため、「まず間違いない」と言えそうです。

なお次期カイエンは(ポルシェは何も語らないものの)アウディQ7、ベントレー・ベンテイガと同じMLBプラットフォームを使用すると思われ、となると相当な軽量化(200キロ位)が実現されることに。

エンジンラインアップについてはパナメーラと同じだと思われますが、やはりトップレンジはハイブリッドモデルの「カイエン・ターボS Eハイブリッド」となりそうですね。

VIA:CARSCOOPS

-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・カイエン関連
-, , , ,