>フェラーリ(Ferrari)

総額20億円を超えるフェラーリがオークションに。いずれも希少車かつコンディション良好

投稿日:

総額20億円を超えるフェラーリのコレクションがオークションに登場予定。
1961年から2011年までの「比較的新しめ」のフェラーリとなりますが、もちろんいずれも「ただの」フェラーリではなく、いずれも希少価値の高いモデルばかり。

最も価値が高いと思われるのは1961年製フェラーリ250 GT SWB ベルリネッタで、生産は165台のみ(この個体は110番目)。こわえてこれは「わずか2台のみ」しか生産されなかった、ボディカラーがロッソではない個体、とされています。
おそらくはこれだけで10億円を超えるのでは、と予想されているようですね。

他には1967年の275 GTB/4 ベルリネッタで、これは予想だと3億7000万円くらい。
その他1969年のディーノ206GT(152台のみ生産)、1976年製308GTB/1989年製328GTS、1991年製フェラーリF40、2005年スーパーアメリカ、2011年製599GTO、1984年製512BBi、2004年製360チャレンジストラダーレ、2006年製16Mスクーデリア、2009年製430スクーデリアなど。

いずれも非常に生産が少ないものや限定モデルばかりで、画像を見る限りではコンディションも良く付属品も揃っており、コレクションそして投資対象としては申し分なさそうです。

VIA:Motor1

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.