ad-728





●アウディTT(8S)

アウディTT(8S)の任意保険に加入。車両の料率は先代TTの「5」から「8」へ上昇

2017/08/05


さて、アウディTTの納車が近づいており、任意保険に加入。
支払う保険料は年間で89,530円となっていますが(BMW i3より3000円くらい高い)、詳細は下にまとめている通り。

対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
搭乗者障害 2000万円
人身傷害 1億円
無保険車障害特約 2億円
自損事故障害特約 -
車両保険 445万円(一般タイプ)支払い保険料を下げるため、ここはちょっと下げてある
免責金額 15万円
原付特約 賠償・人身傷害タイプ
他車運転特約
指定修理工場入庫特約
対物超過修理費用特約
弁護士費用補償特約
ECO割引
車両保険セット割引
新車割引

加入しているのはネット保険の「三井ダイレクト」で、これは以前に他の車で加入していたものを(その車の売却後に休止扱いにしていて)今回”復活”させたもの。

なお任意保険は事故なし(保険請求のない状態)で継続すれば更新の都度やすくなりますが、一旦解約してしまうと次に加入する時に「元に」戻ってしまい、割引率もリセットされることに。
それを回避するには(その保険に入っている)車を売却する時に「休止」扱いにしてもらう必要があり、これは車を手放す時に加入している保険会社に「休止にして」といえば必要な手続きを行ってくれます。

↓保険の割引等のシステムについては下記にまとめています

加入する保険料について、ネットでの加入だと項目ごとに細かい調整を行い、価格も調整することが可能。
三井ダイレクトだとこんな感じですが、選択する項目によって保険料が変わってきます。

保証の金額も変更することで、支払う保険料も大きく変わることに。

車両保険、免責も大きく支払う保険料に関わるところ。
ちなみに面積「0」と「15万円」では、今回のTTの場合、年間で3万円ほど支払い保険料が変わってくるようです。
これらを(チェックボックスやドロップダウンメニューで)選択肢、「次へ」をクリックすると支払い金額が表示されますが、「戻る」で一旦戻り、そこで各項目を選択し直せば金額の調整が可能に。

これらを今までの経験に基づき、また用途に合わせて調整したのが上の保証内容。

なおTT(8S)の料率クラスは車両8、対人4、対物4、傷害4。
対人、対物、傷害は結構低い料率ではあるものの、車両「8」はかなり高く、これはランボルギーニ・ガヤルドやウラカンと同じ。
同じTT(8J)はオールアルミボディにもかかわらず車両は”5”だったので、8Jはの車両「8」はやっぱり高い(8S TTはスチール+アルミボディ)と考えて良さそうですね。

参考までに最近保険に加入した車の料率クラスはこんな感じ。

ポルシェ・ボクスター(981) 車両6、対人6、対物5、傷害4
ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4 車両8、対人6、対物5、傷害4
レンジローバー・イヴォーク 車両7、対人4、対物4、傷害4
アウディTT(8J) 車両5、対人4、対物4、傷害4
ポルシェ911カレラ(997)車両7、対人6、対物5、傷害4  
BMW i3 車両8、対人4、対物5、傷害4
ランボルギーニ・ウラカン 車両8、対人6、対物5、傷害4

-●アウディTT(8S)
-, , ,