>アストンマーティン(Astonmartin)

さすがドバイ。さらに別のアストンマーティン・ラゴンダ(超高級)が売りに出される

投稿日:2017/08/01 更新日:

| ラゴンダは結局売れたのか売れていないのかわからない |

ドバイにて、またまたアストンマーティン・ラゴンダ・タラフの中古車が販売に。
生産台数わずか150台と言われる超高級車で、購入できるのは「アストンマーティンが招待した顧客」のみ。
つまりディーラーに行って「ラゴンダちょうだい」と言っても購入できないということになりますね。
ちなみに当初販売地位域は中東に限られ、その後他地域にも拡大すると言われたものの詳細は不明。

なおもともと「ラゴンダ」は1974年~1990年までアストンマーティンが販売していた高級サルーン。
さらに歴史を遡るとラゴンダは独立した自動車メーカーであったものの、アストンマーティンの所有車となったデビッド・ブラウンがこの「ラゴンダ」を買収し、アストンマーティンブランドの一つとした、という歴史があります(1961年に一旦初代”アストンマーティン”ラゴンダが登場し、1964年に消滅。その後1967年に復活)。
↓こちらは旧ラゴンダ

全長4900ミリ、全幅1830ミリと当時の車としては相当に大きく、しかし全高は1370ミリと比較的低い車で、シリーズ1からシリーズ4まであり、生産台数はモデルライフ通じておおよそ650台ほど。
↓ここから新ラゴンダ

1990年に生産が終了し、その後2016年に復活したのが「ラゴンダ・タラフ」となりますが、生産台数の「150台」は”売れなかった”からではなくアストンマーティンが希少性を保つために”生産を打ち切った”ことが理由。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-aston-martin-lagondal.jpg です

なお新車価格は驚愕の1億2000万円程度で、ラ・フェラーリやポルシェ918スパイダー、マクラーレンP1と同じくらい。
サルーンだとロールス・ロイス・ファントムを2台買える(一番大きなロールス2台ですよ!)価格、と言えばそのタガが外れた価格が理解しやすいと思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-aston-martin-lagondap.jpg です

エンジンはV12/6リッターで548馬力を発生。
画像で見るとそんなに大きくは見えないものの、全長は5396ミリと超ロング。
一度だけドバイで実車を見たことがありますが、一瞬「その車が何なのか」わからないほど見慣れないディメンションと大きさを持っており、一種異様な雰囲気を持っていますね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-aston-martin-lagondas.jpg です

内装はさすがに「億」だけあって素材や仕上げは超一級。
シャシー、ドライブトレーンは既存車種からの流用なので、その価格のほとんどは「内装」によって構成されている、と考えても良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.