ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが早くもP1後継モデルを発表予定。ハイブリッドを捨てアクティブエアロ採用

2017/08/02


マクラーレンが「P1の後継モデル」を今年末に発表する、とオートカーが報道。
これによると後継モデルはコードネーム「P15」が与えられ、サーキット走行がメインとなり(公道走行可能)、P1よりも当然ながら速くなる、とのこと。
さらに「ハイブリッドを捨てて」V8ツインターボエンジンを789馬力にまでチューンし、究極の軽さと速さを手に入れるようです。

なおマクラーレンのモデル構成は「3つ」で、まずはベーシックな「スポーツシリーズ(540や570系)」。
そしてよりパフォーマンスの高い「スポーツシリーズ(720S)」、さらに究極を意味する「アルディメットシリーズ(P1、そして後継モデルが位置)」の3本立て。

P15について、出力はハイブリッドシステムを持つP1の903馬力に劣るものの、重量については250キロほど軽量化されて1300キロ程度に収まるとしており、パワーウエイトレシオではもちろんP1を上回ることに。

直線での加速性能はさほど重要ではなく、0-100キロ加速は720SとP1との中間あたりになると言われ、しかしアクティブエアロの採用でP1に比べて「驚くほど」コーナリングスピードが高くなるようですね。

シャシーは720Sに使用される「モノケージⅡ」、ボディパネルはカーボン製で、オープンモデルはなくグレードは「ひとつ」のみ。
限定台数は500台となり、価格は9000万円程度になる、と予想されています。

なおマクラーレンはモデルの追加や入れ替わりの速度が速く、これはF1などレースをバックボーンとする会社ならではの戦略かもしれませんが、「購入する側」からすると、いったん買ったモデルがすぐに型遅れになったり、間を置かずにさらにパフォーマンスが高いモデルが出てくるのは「えっ」となるかもしれません。

この点、ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニだと、追加のハイパフォーマンスモデルが出てくるタイミングやフェイスリフトのタイミングが「読める」ので安心して購入できることになりますが、マクラーレンのロードカーにおいてはまだ歴史が浅く、ここがまだまだ「買い時を判断しづらい」ところではありますね(P1のような価格帯の車を購入する人は、こういった現象を気にしないのかもしれない)。

-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,