ad-728



>アウディ(Audi) >フェラーリ(Ferrari) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがル・マン撤退を発表。今後はフォーミュラEに参戦→どうなるル・マンとF1?

Pocket
LINEで送る

先日、ポルシェが「ル・マン撤退を検討」と報じられましたが、今回は「撤退を決断」との報道。
これはポルシェが正式にコメントしたもので、ル・マン含むLMPクラスから撤退し、フォーミュラEに集中する、としています。
すでに昨年撤退をしているアウディも「フォーミュラEはもっとも重要なモータースポーツ」と位置づけており、さらにはメルセデスも2019/20シーズンよりフォーミュラEに参戦を表明しているため、モータースポーツの流れが今後大きく変わる可能性も。

現在フォーミュラEに”メーカーとして”参戦している自動車メーカーというとジャガー、ルノーがあり、ルノーは日産がこれを引き継ぐ、という話もありますね。
加えてBMWも2018/19からアンドレッティ・スポーツをパートナーに「BMWiモータースポーツ」としてワークス参戦を表明。
ここへアウディ、ポルシェ、上述のメルセデスが入ってくるとこれまでの「マイナーなモータースポーツ」というイメージが一気に消え去り、モータースポーツのメインストリームとなるのでは、と考えたりします。

そうなると困るのはフェラーリということになり、フェラーリ自身もF1の抱える様々な問題に嫌気が差し、かつては「独立リーグ」の立ち上げを示唆したほどで、「F1から離脱するにはいいチャンスと考えながらも、その(フォーミュラEに参戦する)技術がない」のかもしれません。

フェラーリ自身は2019年から発売する車は「全てハイブリッド化」と述べてはいるものの、その技術をどこから引っ張ってくるのかは不明な部分もあり、たとえフォーミュラEにエントリーしても「強みを発揮できない」可能性も秘めています。

なお、かつてエンツォフェラーリは「エアロダイナミクスなぞは、エンジンを作れない者がやるもんだ」と公言したようにフェラーリのコアバリューを「エンジン」としていましたが、さすがに時代の流れとは言えどもフォーミュラEにおいて「フェラーリらしさ」を発揮できる場所はどこなのか、ということにもなってきますね。

ほかサプライヤーと組んで参戦する方法もありますが、その場合はF1に比較して「レースで培った技術を市販車にフィードバック」できる範囲は狭くなり、フェラーリのビジネスモデルが崩れることも予想できます。

フォーミュラEはF1の反省をふんだんに盛り込んだ運営方法を採用しており、拠点を「全チーム同じ場所に」置く方法などもフェラーリにとっては反発のネタなのかもしれません。

とりあえずポルシェの(フォーミュラEへの)参入で大きくモータースポーツは変わりそうですが、ル・マンについては「LMP1クラスのエントリーがトヨタだけ」になり、トヨタにとっては「優勝」の可能性も見えてきますが、以前に比べるとその意味は薄いものに。

加えて今年のル・マンのように「LMP2クラスが一時トップを走ったり、リザルトでも上位を占める」結果になるようであればLMP1クラスで参戦する意味はなく、むしろ「LMP2クラスのマシンに敗北する」リスクを考えると「参戦しないほうがマシ」なのかもしれません。

->アウディ(Audi), >フェラーリ(Ferrari), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,