>マツダ(MAZDA)

新型マツダCX-30発表!「人生の幅を広げるクロスオーバー」、「生命感と上品な美しさ」に溢れたSUV

| 読みは「 シーエックス サーティー」でヨロシク | マツダが新型SUVを、CX-30を国内でも発表。価格は2,392,500円~、マツダによると開発コンセプトは「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」、”CX-30”の読みは「シーエックスさんじゅう」ではなく「シーエックス サーティー」。MAZDA3に続く、マツダ渾身の「新世代商品第二弾」となりますが、ここでその詳細を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

天皇陛下即位パレード用の「トヨタ・センチュリー」公開!天皇家の人々はそもそもどんなクルマに乗ってるの?

| トヨタ・センチュリーはいい選択。なおカスタム費用含めて8000万円とのウワサ | 首相官邸(皇位継承式典事務局)が「祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車について」というプレスリリースを発行し、パレードにて使用するクルマを「トヨタ・センチュリー」に決定し、月内に納車される予定である、と公表。なお、車両やボディ形式については式典委員会が決定したといい、さまざまな議論があったのかもしれません(特にオープンカーとすることについては、安全性が問われたとは思う)。 今回公開された画像については「式典バージョン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレン ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。 こちらもオススメ、関連投稿10選トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【まとめ】どんなものがある?中古市場に出てきた希少なランボルギーニたち

投稿日:2014/11/10 更新日:

非常に珍しい、そしてコンディションの良いランボルギーニ・ディアブロ6.0SEが販売中


北米のディーラーにて、希少なランボルギーニ・ディアブロ6.0SEが販売中。
ボディカラーはOro Eliosで、これも珍しい内装の画像が公開されています。
価格は邦貨換算で3100万円ほど。
ディアブロ6.0SEは世界で20代のみの限定生産であり、販売に出されるのは非常に珍しいですね。なお、この個体は「12番め」とのこと。

新品のピレリPゼロを装着し、ブレーキキャリパーはゴールドにペイント、欧州仕様のフォグライトに換装し、リヤビューカメラの装着、プロテクションフィルム、これも欧州仕様のテールライトやカーボンファイバー製内装パーツを装着しているそうです。

フロントショック、クラッチ、ブレーキディスクパッド、エアフィルターも新しいものへ入れ替え、HID装着も完了するなどリコディショニング、実際の使用を考慮したカスタムも完璧で、魅力的な個体ですね。
バッグやマニュアル等付属品も揃っており、オーナーさんが非常に大切にしていたことがわかります。








ロッド・スチュワートも所有していた世界に20台しかない右ハンドルのディアブロが販売中

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-2

世界でわずか20台しか存在しないランボルギーニ・ディアブロVTロードスターの中古が販売中。
1999年製で今までに4人のオーナーの手を経ており、過去にはロッド・スチュワートが所有していたことも。
なお、ロッド・スチュワートは過去にもライトブルーのランボルギーニ・ミウラを所有していたことがあり、けっこうランボルギーニ好きなのかもしれませんね。

走行距離は20,085キロ、価格は4500万円ほどど高価ですが、経年劣化はあるものの付属品など揃っており状態はかなり良さそうです(実際に整備記録も完備されており、付属品も揃っているとのこと)。

このあたりのネオクラシックカー発売当時はあまり情報や画像が出回らず、内装や装備、付属品などを知る機会がありませんでしたが、こうやって中古で販売されることで「こんなものが付属していたのか」等面白い事実を知ることもでき、新しい発見がありますね。

ホイールサイズは17から18インチへ変更され、出力は530馬力で最高時速は335キロ。

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-25-1

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-3

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-1

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-14

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-16

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-22

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-27

1999-lamborghini-diablo-vt-roadster-25

マットブラックのムルシエラゴSVが販売中。5500万円ナリ

Black-Lamborghini-Murcielago-SV-3

マイアミにて、マットブラック(ネロ・ネメシス、純正色)のランボルギーニ・ムルシエラゴSVが販売中。

186台のみの生産ですが当時としてはさほど多い数字ではなく、しかし中国など市場が拡大した現在では相対的に「少ない」数字といえ、したがって少し前の限定車の中古価格は需要と供給とのバランス崩壊によって、値上がりの傾向があるようですね。

前後タイヤは18インチサイズなので、今見るとちょっと小さく見えます(アヴェンタドールは20/21インチ)。

Black-Lamborghini-Murcielago-SV-10

ランボルギーニ・ミウラの価格が絶賛上昇中。イギリスにて2億円で販売中

Lamborghini-Miura-SV-1

ランボルギーニ・ミウラの価格が上昇中。
今回中古にて販売されている車両はミウラSVで1971年製、ボディカラーはブルー・ノッテ。

内装はブラックレザーですが、画像で見る範囲では非常にコンディションが良さそうです。
価格は2億円と非常に高価ですが、ミウラは今後も継続して価格が上がってゆきそうであり、ある意味では今が買いどきなのかもしれません。

ランボルギーニ・ミウラ(P400)SVは1971年に登場しており、キャブレターやカム等の改良、ワイドフェンダーの装備などで性能や見た目ともにそれまでのミウラと差別化されており、非常に人気の高いモデル。
ミウラSVの生産台数は150台とされ、相当に希少なモデルと言えますね(ミウラそのものは750台ほど)。

Lamborghini-Miura-SV-15

Lamborghini-Miura-SV-5

Lamborghini-Miura-SV-6

Lamborghini-Miura-SV-12

Lamborghini-Miura-SV-14

クラッシックランボルギーニの価格上昇中。ディアブロSE30もじき1億円突破か

diablo_se30_jota_sold_1_560
クラシック・ランボルギーニの価格が上昇を続けている模様。
ミウラSVはすでに2億2000万円の値をつけるに至り、カウンタックも1億円を超えるようになっているのが現状です。

これまではディアブロやムルシエラゴ(これらはクラシックというよりネオクラシックと言える)はさほど大きな値上がりがなかったようですが、ここへきて一気に価格が上昇しているようで、最近だとディアブロSE30イオタが8500万円という高値を記録。
ディアブロSE30イオタはマグネシウムホイールやチタンボルトの使用など妥協の無いパフォーマンスの追求が特徴ですが、これにつられて通常のディアブロなども価格が上がりそうですね。

diablo_se30_jota_sold_6_560

こういったクラシックモデルの値上がりの背景には、まず新車の価格が上がっていることが考えられます。
フェラーリV8モデル、ランボルギーニのV10モデルの新車価格はここ15年で倍になっており、そのためにフェラーリV8モデル/ランボルギーニV10モデルの中古相場も高止まりしており、それどころか一転してジリジリ値上がりしているのが現状。

diablo_prices_are_rising_se30_jota_sells_for_record_amount_600

ただ、これだけでは「新車価格を超える値をつけている」モデルの説明がつかず、こちらは「新興国のバイヤーの増加」が理由かと思われます。
ロシア、中国、ブラジル、メキシコ、中東などお金を潤沢に持ち始めた国の人達がクラシックカー、ネオクラシックを買い漁っていると思われますが、こういった人たちは「昔からお金持ちであった」ように見せかけるために古い車を購入する傾向があるとも言われ、もしくは「昔買えなかったものを、お金を持った今になって購入」ということもあるのかもしれません。

いずれにせよ値上がり傾向はしばらく続きそうですが、上記の新興国のバブルが弾けた時の値崩れはちょっと恐ろしいものがありそうです。

レストア&カスタム済みのランボルギーニLM002が販売中。約5500万円

1990-Lamborghini-LM002-03

アメリカにて、ランボルギーニLM002の中古車がe-bayにて販売中。
価格は5500万円ほどとなっていますが、新しいディアブロのエンジンを積み、外装のチューン、点検済み。

外装はブラック、内装もブラックでホイールもブラック。
現在の走行距離は19267キロ。
リアのカーゴスペースにはツールボックス、トノカバー等が装着に。
内装だとアルパインのオーディオ等も装備されている、とのこと。

ランボルギーニLM002はラグジュアリーSUVの先駆けとも言える存在ですが、燃費がリッター1キロを下回り、「リッター750メートル」という感じの見たことがないような表記になっているのが驚き。
製造は1986年から1992年と意外にも新しく、その間に301台のみが製造されています。

画像では他ではあまり見られない「アンダーボディ」も見ることができますが、SUVといえどもフラットボトムになっているのがランボルギーニらしいですね。

1990-Lamborghini-LM002-15

1990-Lamborghini-LM002-02

1990-Lamborghini-LM002-06

1990-Lamborghini-LM002-08

1990-Lamborghini-LM002-10

1990-Lamborghini-LM002-24

1990-Lamborghini-LM002-55

ランボルギーニ・セスト・エレメントがイギリスの中古市場に登場。以外と安い3億1000円

lamborghini-developing-carbon-fibre-connecting-rods

ロンドンのスーパーカーディーラー、「ジェームズ・エディション」にてランボルギーニ・セスト・エレメントが販売中。
セスト・エレメントはランボルギーニが20台限定で販売した車で、その価格は2億円超と言われます。
ほとんど中古市場に出てくることがない車ではありますが、今回3億1000万円で販売されており、その希少性や元々の価格を考えると「結構安いんじゃないか」というプライシング(以前には8億円近くで売られていたこともある)。

セスト・エレメントはランボルギーニ・ガヤルドをベースとしており、2010年のパリ・モーターショーで発表。
もともと市販化を前提としたモデルではなかったものの、販売に対する要望が強くのちに市販化。
エンジンやギアボックスはランボルギーニ・ガヤルドLP570-4から流用したものですが、基本骨格や外板の多く、ホイールまでもカーボン化しており、「どこまで軽くできるか」を追求したコンセプトカーで、結果として「999キロ」という驚異的な軽さを実現しています(ガヤルドは1450キロ)。

ランボルギーニは当時ハイブリッドに対しては懐疑的で、しかし求められる環境性能に対するランボルギーニの回答として「軽量化」というものがあり、それを視覚化したものとも言えますね。
なおそのために犠牲にしたものも多く、保安基準を満たせないために行動での走行は不可能(しかし実際に中東の公道を走る画像も公開されている)となっています。

なお0-100キロ加速は驚異の2.5秒。
ヴェネーノでもアヴェンタドールSVでもチェンテナリオでも追いつけない加速を誇り、これはブガッティ・シロンと同じ数値ですね。

ドナルド・トランプ氏所有のランボルギーニ・ディアブロが中古市場に。所有を証明する書類つき

d-lambo-6

ドナルド・トランプ氏が所有していたランボルギーニ・ディアブロVTロードスたーが販売中。
以前にも販売されていたように思いますが、その際の購入者がさらに売りに出したのかもしれませんね。
ボディカラーはルマンブルーで1997年にドナルド・トランプ氏のために作られたワンオフ車両。
ホイールは通常17インチのところ18インチを装着しカーボン製の外装パーツを装着しています。

そのほかはリフティングシステム、プロテクションフィルムなどのオプションが装着されていますが、エンジンは標準のままの5.7リッターV12。
出力は492馬力で4WD、トランスミッションは5MTとなっています。

d-lambo-3

現在e-bayにて販売中で、オリジナルのキーや説明書、トランプ氏が所有していたことを証明する書類、「トランプ2016キャンペーン」のステッカーも付属。
この車両は正確にはトランプ氏がガールフレンドのために購入したという説もありますが、実際のところは不明です。

希少なランボルギーニ・ディアブロGTの中古車登場。1億超えも目前か

4b963b8f57ad93190bc37f782bd26e82

ランボルギーニ・ディアブロGTの中古車が販売中。
2009年にガヤルドLP550-2バレンチノ・バルボーニが登場するまでは「最速の後輪駆動ランボルギーニ」であったわけですが、6リッターV12エンジンからは575馬力を発生。

このディアブロGTは見るからにコンディションが良く、走行距離はわずか6500キロ。
外装はメタリックブラック、内装はブラックとイエローのツートンですね。
価格は明らかになっていませんが、最近売買されたディアブロGTは9000万円ほどの値がついています。

5a0b822bae478a27e1be48849ecf457f

3b2cd9f01e7267730d59adddcfa66152

0ec209aec92eafd26fb30ed3520e18a0

2e3d773b58f29a9307351f0f275b50ce

2d6cccd18a7b6aac1ed725ec19678a27

a9069dc087c5bd90294148b89be87f28

f2260bb4e0f9e181f120fefba8249692

ヨン・オルソン選手のランボルギーニ・ウラカン販売中。フルカスタムなるもたったの3000万円

スキープレイヤー、ヨン・オルソン選手所有のランボルギーニ・ウラカンが早くも中古にて販売中。
ヨン・オルソン選手は毎シーズン「トランスポーター」として様々な車を購入していますが、このウラカンは「最新」のトランスポーター。
しかしながら購入後にカスタムしている期間が長く、むしろ所有期間よりカスタムにかけた時間の方が長いんじゃないかと思えるほど早い時期での売却ですね(走行はわずか3800キロ)。

なお、このウラカンの販売価格は3000万円ほどとなっており、これは破格の安さと言えます。
ウラカンはもともと3000万円程度の車であり、中古価格も今の所高値推移。
かつ、このウラカンは外装を一旦全部バラし、スーパーチャージャーを組み込むなどのチューンを受けており、ヨン・オルソン選手の知名度を抜きにしても価値のある一台と言えるでしょう(車体+改造費で4000万円以上かかっている)。

スーパーチャージャーの他はカーボン製のエアインテークなどカーボンパーツ、アクラポヴィッチのエキゾーストシステムなどを装着し、出力は800馬力オーバー。
サスペンションはKW、ブレーキシステムはスチールローターへ変更するという「逆オプション(寒冷地ではセラミックローターは使いづらい)」となっています。
もちろんルーフ上のカーボン製キャリーボックスも付属。

このウラカンについて不満があるのかどうかは不明ですが、売却の理由として「4シーターモデルが必要になったので」とヨン・オルソン選手は自身のインスタグラムで語っています。

おそらく「世界で最も走ったムルシエラゴ」が中古市場に。現在40万キロ、毎日250キロ増加中

qqtihedh

おそらく世界で最も走行距離が進んでいるとみられる、約40万キロ走ったランボルギーニ・ムルシエラゴが中古市場に登場。
現在イギリスで販売されているものですが初期のムルシエラゴで、これはEVO Magazineのロングタームテストに採用されていたものだそうです。

過去にはハイスピードテストでクラッシュしたことがあるそうですが現在ではすっかり修復され、加えてサスペンション、ブレーキ、サスペンション、エンジンや他部分もリビルト済み。
テスト終了後はピストンヘッドのメンバーが購入し、毎日250キロほど乗っている、とのこと。

j68nvshj

最近のスーパーカー、特にV8フェラーリ、V10ランボルギーニ、マクラーレンのスポーツシリーズであればまだ理解はできますが、「スーパーカーがスーパカーであった頃」、しかもマニュアル・トランスミッションのV12ランボルギーニを毎日乗る、というのはかなりのツワモノと言えますね(さすがピストンヘッドのメンバー)。

アイスブルーのランボルギーニ・ディアブロ販売中。カスタム多数

Lambo-DiabloSV-02

ランボルギーニがアウディ傘下に収まる前に設計・製造されたディアブロSVがイギリスにて中古車として販売中。
1998年の製造でワンオフ制作による車両、とのこと。

ボディカラー自体もカスタムカラーとなる「アイスブルー」でディアブロSEのサイドスカート、カーボン製のシフトレバー(お馴染みの”球”ではない)、ステンレス製のエキゾーストシステム、2トーン(グレーとブルー)のアルカンターラ・インテリアを装備。
これらはランボルギーニによって与えられたものだそうで、非常に珍しい個体と言えますね。

Lambo-DiabloSV-03

なお、この時代のディアブロはバンパーやサイドステップについても本来のもの(SVやSE)のものではなく別グレードのものを装着した個体がいくつか見られ、ランボルギーニは受注時に比較的フレキシブルに対応してくれたのかもしれませんね。

走行距離は6941キロですが、これまでの二名のオーナーが非常に大事に扱ってきたようで、コンディションは極上、とのこと。

Lambo-DiabloSV-04

程度良好なランボルギーニ・ウラッコP200が販売に。走行37000キロ

1

わずか66台のみ製造されたランボルギーニ・ウラッコP200(1976年製)が中古市場に登場。
ウラッコの(P250に対する)エントリーモデルとしてP200は開発され、2リッターV8エンジンは180馬力を発生。
イタリア市場にて2リッター以上に課される税金を逃れるために排気量を落としたモデルですが、これはフェラーリ・ディーノ同様です。

この個体は走行距離37000キロで機関はレストア済み。
冷却系も整備済みとなり、内装もパイオニアのヘッドユニットを除くとほぼオリジナルのままで程度は良好となっています。
細かいところだとサンバイザーの欠損や助手席の窓が半分しか下がらない、外装だとミラーにちょっと傷がある程度とのことですが、全体的に見て優良物件と言えそうですね。

なお2+2となっていますが後部座席の狭さはまさに絶望的ですね。
インテリアにおいては、やたらとメーターが多いのが印象的です。

14

15

18

19

3

4

5

7

9

ランボルギーニ・ディアブロ「イオタ・アメリカーナ」が販売中

Lamborghini photo at LamboCARS.com

ランボルギーニが「ディアブロSE30」を150台限定にて販売した際、「ディアブロSE30イオタ」も作っていた模様。

合計で27台の「イオタ・キット」を装着したディアブロが販売されたそうですが、ある車両はクラッシュしたり、またある車両は(あまりにエンジン特性がサーキット寄りだったので)イオタ・キットを取り外されたりしたそうです。

そこで逆に通常のディアブロを「イオタ化」したのが北米のショップで、これを「ディアブロ・イオタ・アメリカーナ」として再現。
ベースとなった車体は1991年製で中東のオーナーがオーダーしながらも何らかの事情でデリバリーされなかったというウワサがあるもの。

ピストン交換、バランス、ハイコンプ化などメカチューンで60馬力を上乗せしており、「世界で最も速いディアブロ」と謳っています。

内装はアルカンタラに張り替えられており、ヘッドレストには「Jota」の刺繍。
内装カスタムには40日かかった、とのこと。

改造やレストアに480万円ほどを費やしたそうですが、現在1100万円にて販売されており、けっこうお得なのかもしれません。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニの限定車関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.