ad-728





>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバーのデザイナーが怒りそう。早くもヴェラールのエアロキットが発表される

2017/08/06


イギリス拠点のチューナー、「アーバン・オートモーティブ(Urban Automotive)」がレンジローバー・ヴェラールのエアロキットを発表。
現段階ではレンダリングにとどまりますが、近日中(11月)に製品も発表する模様。
発表された内容だと交換式のカーボン製前後バンパー、フロントスプリッター、フロントエアインテーク、リアディフューザー、サイドインテーク、デイライト、エキゾーストシステムなどが用意されています。

ボディカラーはサテンブラックでホイールは22インチ(やはりブラック)となっており、近年流行の「オールブラック」。

ヴェラールは「面」にこだわったデザインを持っていて、凹凸の少なさが一つの特徴。
ドアハンドルにしてもSUVらしからぬ「格納式」を採用し、「ゴツさがその魅力」のひとつでもあるこのカテゴリにおいて明確な排他性を持っている、と言えますね。

そんなヴェラールですが、デザイナーのジェリー・マクガバン氏いわく「信念をもってデザインしている」とのことで、加えてその信念を「アフターマーケットパーツで汚される」ことについて明らかな不快感を示しています。

今回のエアロキットについてもヴェラールの「面」を崩してしまうことにになるので(それでもヴェラールのデザインは大人しすぎて、こういったエアロキットを装着したいと考える人も多いかもしれない)、もしかすると(レンジローバーとして)なんらかの対抗措置を取るかもしれません。

なおアフターマーケットの盛り上がりに対し、「予想外の」改造をされないよう、また他社に利益を持って行かれないようにランドローバーは「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」を展開しているものの、やはり敷居の高さ、そしてそのカスタム費用の高さはネックとなっているようですね。

ヴェラールは非常に注目度の高い新型車ですが、こういった車に対し「カスタム一番乗り」を表明することはチューナーにとっても大きな宣伝になると思われ、これからも人気が出そうな新型車に対しては多くのチューナーが参戦することになりそうです。

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , , ,