ad-728





>ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連

2018年カイエンのプロトタイプ(別Ver.)が目撃。このフロントは予想外

Pocket
LINEで送る

ほぼ偽装なしの2018年モデルとなるポルシェ・カイエンのプロトタイプ。
隠されているのはエンブレム、そしてテールランプですが、テールランプはやはりパナメーラ、911と同様の「横一直線」となりそうですね。

外観は現行モデルと「ほとんど」変わらないものの、その中身は大きく変わり、新しいMLBプラットフォームを採用することで200キロ程度軽量化されると言われています。

なおカイエンは代を重ねるごとに軽量化がなされ、初代では2330キロ、二代目では2090キロ(グレードによってもちろん異なる)くらい。

それが今回では「1880キロくらい」までダイエットされるということになりますが、これはずっとサイズの小さいレンジローバー・イヴォークの「1750キロ」とそう大きく変わらない数字で、カイエンのボディサイズを考えると「相当に軽い」数字。

なおルーフライン、リアサイドウインドウ(こうぶどあのさらにうしろ)形状が変更になっているとされますが、ほぼ「わからない」レベル。

おそらくはこの状態で発売されそうですが、「フルモデルチェンジ」にしては見た感じの変更点がかなり小さいようには思います。

今回のスパイフォトにおけるカイエンのフロントバンパーは「予想外」ですが、よくよく見るとパナメーラ・ターボとの共通点が多く、今後の「ターボ顔」はこのカイエン、パナメーラの用な感じになってゆくのかもしれません。

上はパナメーラ・ターボですが、「ターボ顔」は左右のエアインテークが大きい、しかし「左右/中央と連結した」デザインとなり、わかりやすく表現すると下の図のような感じ。

一方で「S(もしくはベース?)顔」はこういった感じで左右と中央の上下における段差はなく、貫通したルーバーによって「より水平基調」が強調されてゆくようにも思います。

図にするとこんな感じ。

先日目撃された別のカイエン・プロトタイプも同様のフロントフェイスを持っていますね。

なお、こういった共通性は「パナメーラ、カイエン、マカン」においてなされるようで、「911/718ケイマン/ボクスター」というスポーツモデルにはまた別の”法則”が与えられるように思います。

VIA:CARSCOOPS

->ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,