ad-728





>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニがその旧車部門「ポロストリコ」の仕事がわかる動画を公開。レストアはこうやって進める

2017/08/10


ランボルギーニがそのレストア部門、「ポロストリコ」を動画で紹介。
これまで350GTやミウラをレストアし、美しく蘇った様子を公開していましたが、今回は動画にてその「レストア部門”Centro Restauro”」を紹介しています。

動画ではカウンタック、ミウラ、そしてLM002が登場し、エンジンのパーツひとつひとつまで分解され、そしてボディが丁寧に仕上げられる様子を見ることが可能。

こちらは同じポロストリコ内のパーツセンターにて純正パーツを加工する様子。
資料に基づき、ストックがないものは手作りにて製作していることがわかります。

なお、現在クラシックカーの人気が高まっていること、自社がかつて送り出した「資産」を適性に管理しその価値を保つこと(結果的にブランド価値の向上につながる)を目的に各社がこういったレストア部門を設立。
ポルシェ、フェラーリ、ジャガーなどが有名ですが、最近ではフォードも同様の動きを見せていますね(正確に表現するならば、今まであった部門を独立させビジネスベースに乗せている)。

->ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , , , ,