ad-728



>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

日産リーフが新ティーザー動画公開。「航空機の翼にヒントを得てゼロリフトを実現」

Pocket
LINEで送る

日産リーフがこれまでの「自動運転」「自動パーキング」に加え、新しいティーザー動画を公開。
これは新型リーフの「エアロダイナミクス」について紹介するもので、「航空機の翼にヒントを得た」としており、ゼロリフトを実現しているようですね。

新型リーフは初代と決別した斬新なデザインを持っているようで、それはこれまでに公開されたティーザー画像、スパイフォトでもそれらは明らか。
かつ今回の動画のように優れた機能や構造を持ち、「先進的で、効率的な」車になるのは間違いなさそう(日産はさらにスムーズで静か、としている)。

まだまだ詳細は不明なままで、スペックなどは9月6日の正式発表を待つしかなさそうですが、現在のところバッテリーパックは60Kwh、航続可能距離は550キロに達する、とウワサされています。

つい先日、ラインオフしたばかりのテスラ・モデル3の公開とスペック発表があり、そこでは「価格35000ドル、走行可能距離335キロ」という発表がなされているものの、日産リーフはイキナリこれを超える航続可能距離を持つことに。
気になるのは価格ですが、タクシーとしての普及、世界でEV覇者になろうとしていることを考えると、「普通に買える」価格になりそう。

初代リーフやiMiEV、BMW i3などが「第一世代」の普及版EVだとすると、新型リーフやテスラ・モデル3は「第二世代」の普及版EVだとも考えられ、当然ながら第一世代に比べると高い実用性を持ち、価格もぐっと安い、ということに。
その意味では新型リーフは「台風の目」になりうるんじゃないか、とも思います(そしてこれらが普及しだすと第一世代のEVはさらに中古市場で値を下げることになるのかもしれない)。

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,