>マツダ(MAZDA)

生産わずか7台のみ、未走行のマツダRX-7「グループBラリーカー」がオークションに登場予定

投稿日:2017/08/14 更新日:

7台のみが製造された、マツダ・サバンナRX-7のラリーカーがオークションに登場予定。
これはFIAグループBのレギュレーションに合致するように製造されたもので、グループBが廃止になった後はずっとベルギーにあるマツダのレース用設備に置かれたままだった、とのこと。
実際に走行したことはなく、いわば「新車」で、1990年台にスイスの会社がパーツとともにマツダから買い受けたという経緯があるそうです。

なおグループBは「あくまでも「市販車ベース」となっており(ホモロゲーション取得は比較的敷居が低い)、1982年にスタート。
そしてグループBといえば「アウディ・クワトロ」が一気に名を挙げたカテゴリでもあり、プジョー205ターボ16、ランチア・デルタS4、フォード・コスワースRS200などのトンデモマシンが活躍したカテゴリ。
さらにはトヨタ・セリカGT-TS、日産240RSといった国産勢も参加しており、一時期は非常に人気があったカテゴリでもあります。



マツダがグループBに参加を考えたのはグループB廃止寸前とされ、そのため「20台が作られる予定だった」のに急遽グループBが無くなったために生産台数は7台にとどまることに。

そのためにマツダがグループBに(他の個体ででも)参加したのかどうかは不明ですが、こういった「レギュレーションに翻弄される」ケースは多いようですね。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.