ad-728





>アウディ(Audi) ●アウディTT(8S)

アウディTTのちょっとしたカスタム。ナンバープレート用ボルト、バルブキャップ、シート調整レバー

2017/08/21


アウディTTのカスタムについて、今回は細々としたところ。
まずはナンバープレートを固定するボルトですが、アルミ製のものへと交換。
楽天市場にて検索をかけて出てきたものですが(ネジのトミモリ、というお店)、なかなかに品質が高く秀逸だと思います。
カラーはブラック、ブルー、パープル、レッド、グリーン、ゴールド(アルマイト)があり、とりあえずブラックとゴールドを購入してみましたが、ゴールドの方が相性が良いようですね。

ボルト自体は極めて薄く「目立たない」ので結構おすすめ。

続いてエアバルブのキャップ。
MTB(自転車)のの製品で、「ディズナ」というブランドのもの。
随分長いこと愛用しており、これまで乗ってきた車ではレンジローバー・イヴォーク、ポルシェ・ボクスター、BMW i3、ランボルギーニ・ガヤルドにも使用してきたもの。

こちらも多くのカラー(アルマイト)があり、何種類かストックしているものの、ゴールドがなんとなく見栄えが良いようですね(もしくはブラック)。

こちらは交換前。

こちらは交換後。
非常に軽量でスリムなのが特徴ですが、キャップ内にはゴム製のOリングが付属しておらず、これは純正バルブキャップに装着されているものを(爪楊枝などで)取り外してから移植し、その後にバルブキャップに取り付けると良さそうです。

最後はアウディTT RS用のシートレバー。
純正だと画像のように「真っ黒の樹脂」ですが、TT RS用のレバーはアルミ風パーツの加飾が与えられており、ちょっと高級感があります。

このパーツはドアを開けるといきなり目に入る部分なので、かなり満足感が高く、パーツ代(10,000円くらい)を考えると費用対効果も高い、と考えています。

取り付け方法については純正パーツを外す必要がありますが、詳しくはランボルギーニ・ウラカンへ同じパーツ(そちらはA7用のパーツなのでちょっとデザインが異なりますが、構造は同じ)を取り付ける際に紹介しています。

なおこちらは交換前。

交換はこの「レバーを入れ替えるだけ」でシートやパネルを分解する必要はないので「お手軽」な部類。
まずは周囲を傷つけないようにスイッチ周りを養生。

レバーの中央あたりに二箇所「爪」があるので、それを外すイメージでレバーの上下(もしくは左右)に内装剥がしなどを突っ込んで引っ張ると「パキッ」と音がして外れます(割れるわけではなく、爪が外れるだけ)。

これが外したパーツと新しくつける(アルミの加飾がある)パーツ。
やっぱり随分印象が違います。

交換完了。

->アウディ(Audi), ●アウディTT(8S)
-, , , , , ,