ad-728





>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

新型ルノー・メガーヌの完全な姿がリーク。ワイドフェンダー、ダクト追加で迫力が大幅増加

Pocket
LINEで送る

9/12の正式発表を目前に、VIRTUEL-CARのFacebookにて、新型ルノー・メガーヌRSの画像。
これまで公開されてきたティーザー画像そしてスパイフォトと一致するので、まず「このまま登場」と考えて間違いなさそう。
そしてフロントの左右インテーク内には「ルノー・スポールっぽい」チェッカー型のデイタイム・ランニングランプ、台形型の巨大なエキゾーストパイプも見えますね(これまでのR.S.に比べて標準モデルとの差異が大きいように思える)。

なおメガーヌR.S.の「R.S.」は「レーシング・スポーツ」ではなく「ルノー・スポール」の略ですが、ルノー・スポールはF1などモータースポーツを手がけるルノーの一部門。

そして「メガーヌR.S.」はそのルノー・スポールが直接手がけるハードなスポーツカーということになりますが、これは「通常モデルのメガーヌをちょっとチューンした」ものではなく、「最初から」ルノー・スポールがサーキット走行を前提に設計したもの。
ただ、もちろん「量産車」であり売れなくてはいけないのでコストの縛りはあるものの、他メーカーのホトハッチに比べるとかなり設計の自由度が高く、その「ピュアスポーツ度」が高いのも確か。

「シートも車の一部(レーシングカーはまさにそう)」という思想からシートまで専用にルノー・スポールが設計しているほどですが(レカロとの共同開発)、とにかくその徹底ぶりには驚かされる車。

新型メガーヌR.S.の駆動方式はこれまで通り「FF」になるかと思われますが(ただしオプションではこれまでになかった後輪ステアリング、デュアルクラッチが用意される見込み)、現在「ニュルブルクリンク最速」の称号を持つホンダ・シビック・タイプRを超えるタイムに挑戦するのは間違いなく、そしておそらくフォルクスワーゲン・ゴルフGTIのホットバージョンもここに加わり、各モデルの先代において繰り広げられた戦いが新型でも再現されそうです。

なお、新型メガーヌについては「かなりトヨタ・オーリスに似ている」という印象を持っています。

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , ,