ad-728





>ロータス(Lotus)

ロータスの利益が大きく伸びる。利益の厚い限定モデル発売が貢献、やはり「限定商法」は有効か

2017/09/29

ロータスの利益が大きく好転した、との報道。
税引き前で約24億円の利益が上がっているそうですが、まだまだ最終的に決算を終えてみないとわからない、という状況のようですね。

なおロータスは全く新モデルを発売しておらず、なぜここで利益が増加したのかは不思議。
最近の数字は把握していませんが、ロータスはここ数年販売が好調と伝えられ、一昨年も販売台数が+54%増加。
その増加の多くを占めるのはEUで、ついで中東だと(当時)報じられています。

今回の伸びは「販売拠点の増加」に起因すると言われますが、一部では「利益の厚い限定モデルが貢献した」と見る向きも。
確かにロータスはここ最近でもGT430/エキシージ・カップ380/エリーゼ・スプリント/エキシージ・スポーツ380/エキシージ350スペシャル・エディション/エリーゼ250スペシャル・エディションを発売。

これらはこの「1年以内」に発売されたもので、その積極的な動きが良かったのかもしれず、これが奏功したのだとすると販売の活性化、利益の増加については「限定商法」が非常に有効ということになりますね(話題をフレッシュにキープする効果もある)。

ロータスは現在中国の吉利汽車(ボルボの親会社)傘下ですが、おそらくは中国国内での活動を強化するものと思われ、かつ新型エリーゼの発表、新型SUVの発売も期待されており、これから大きく伸びる可能性を秘めている、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ロータス(Lotus)
-, , , , , , , ,