>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M5の画像が発表前にリーク。インテリアは5シリーズとの差が大きくスポーティ

投稿日:

新型BMM M5のカタログと思われるものがリーク。
その外装はもちろん、エンジンルーム、インテリア、走行モードの設定までもがわかるもので、スキャン画像を編集しスライドショー化されたものが動画として公開(なぜか韓国経由)。

なお新型M5のデビューは本日(時差があるので、本国での発表の時間次第では日本だと夜もしくは明日になるかも)とされていますが、この画像を見ると標準「5シリーズ」とは大きく差があることがわかります。

前後バンパーはもちろん交換されてフロントには大きなエアインテーク、リアにはディフューザーが追加され、ホイールアーチはやや大きくフェンダーも巨大化(フロントの張り出しはエグい)。
サイドミラーも変更され、トランクリッドにはスポイラーも。

インテリアだと赤いアクセントが入るなどスポーティーさが強調されており、これまで「インテリアではあまり差別化を行ってこなかった」BMWらしからぬ仕様です(ステアリングホイールのスポーク上にある赤いロッカースイッチが気になる)。

エンジンルームもカーボン製のカバーが与えられ、視覚的迫力も十分。

なおM5はいつの時代も革新的な試みを行っている(ドライブモードの早い段階での採用や500馬力化など)という印象がありますが、今回のM5は「4WD化」されるということもあり、これまで以上に「変化が大きな」モデルと言えそうです。

現時点でスペックは不明ではあるものの、BMW関連掲示板では「600馬力ではなく680馬力」を発生するという噂があり、0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は370キロにも達する、という意見も(さすがにこれはないと思う)。

https://www.youtube.com/watch?v=c6tZGOKDRkk

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.