■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他他ドイツ車 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者の曾孫が自身の自動車メーカー「ピエヒ」を設立!ジュネーブにそのコンセプトカー”マーク・ゼロ”を出展

ポルシェと協力関係にあるのかどうかはまだ不明 ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェの孫であるフェルディナント・ピエヒ氏は「ブガッティに20億円のハイパーカーを作らせた」と世間を騒がせていますが、今度はそのフェルディナント・ピエヒ氏の息子が自身の自動車メーカーを立ち上げる、との報道。なおフェルディナント・ピエヒ氏の母はフェルディナント・ポルシェの娘であるルイーゼ・ピエヒ。よってフェルディナント・ピエヒ氏はポルシェ家の女系家族にあたり、1937年に生を受け、1963年にポルシェへと入社しています。なお、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

420馬力と言われるアウディ「RS Q4」プロトタイプがはじめて目撃。すでに高い完成度を持ち、間もなく発表か?

前後フェンダーはけっこうマッスル アウディは新型SUV「Q4」を発売する意向ですが、今回そのハイパフォーマンスモデル「RS Q4」のプロトタイプが目撃に。今回のスパイフォトを見ると、ヘッドライトやカモフラージュの下のボディカラー、ホイール等の完成度が「市販モデル」同等のレベルを持っているように感じられ、つまりは「いつでも発表できる状態」なのかもしれません。アウディRS Q4のプロトタイプが捕捉されたのは今回が「はじめて」ですが、間もなく発表されるということにもなりそうですね。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore



>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ランボルギーニのミニカーや小物 ■近況について

ようやく発売のオートアート製ウラカン(1/43)購入。早速自分仕様にカスタムしてみた

投稿日:2017/09/08 更新日:

さて、発売されたばかりのオートアート製ランボルギーニ・ウラカン1/43(モデルカー)。
今回入手したのはボディカラーが「マットホワイト」のものです。※ホワイトはマットしかない
オートアートは1/18サイズというビッグスケールにてミニカー業界に革命を起こし、さらにはその精密さやフォルムの正確さで新参ながらも一気にトップランカーに躍り出たブランド。








最近は1/18スケールでもプラスティックモデルの精巧さとダイキャストモデルとのメリットを組み合わせたシリーズも発表していますね。

その1/18サイズにおいては比較的早い段階からランボルギーニ・ウラカンを発売していたものの、1/43サイズにおいてはウラカン登場から2年半を経てようやく発売。
なぜそんなに時間がかかったのか?と考えていたものの、今回カスタムしていてその理由が判明。
これまでの1/43サイズミニカーとは全く異なる構造や精密さを持っており、カスタム紹介がてら、その中身を見てみたいと思います。

まずは外観(これはカスタム後ですが)。
これは今までと大きく変わるものではなく、そしてこれまで通り実車に忠実。
ランボルギーニから提供された3Dデータをもとに製造されていると思われます。
しかしながら各部のエッジや彫りについてはさらに正確さが増し、大きく他社を引き離しているようですね。

もともとボディカラーはマットホワイト、ホイールは鍛造20インチのミマス(シルバー)、ブレーキキャリパーはレッド、内装は「エレガンテ」テーマのレッド(実際には”エレガンテ”にこう言った明るいレッドはなかったと思う)。

ボディとシャシーを分離。
通常であれば「インテリア」はシャシー側に取り付けられていますが、今回のウラカンではボディ側に。

取り外して(3本のビス留め)みると、今まで以上に精巧な作りがわかります。
ステアリングホイールの「握り」の細さは驚くばかり。

ホイールはシャフトに取り付けられているだけなので引っ張れば外れます。
ちゃんとカーボンセラミック色のブレーキローター(スリットやドリルホールもある)も再現され、リアには「パーキングブレーキ用の」小型キャリパーまで。

ホイールをブラックにペイントした状態。
この「スポークの細さ」も特筆ものですね。

内装においては自分のウラカン同様、シートやドア内張り、アームレストなどをホワイトにペイント。
センターコンソール、ドアインナーハンドルなどのちに実写でカスタムペイントした部分もミニカーではホワイトに塗装します。

ステアリングホイールも実写カスタム同様、イタリアントリコローレに。
ホワイトのセンターマークも再現。
↓これが実際のぼくのウラカン

ブレーキキャリパーはレッドからイエローに。

ボディ側での構造上の特徴としては、「ウインドウ類が薄い」こと。
これまでのオートアートだと、フロントウインドウ、サイドウインドウ、リアウインドウなどを一体成型にて透明の樹脂で整形し、その厚さはだいたい0.8ミリくらい。
しかしながら、この製品では「フロントウインドウはフロントウインドウ単体で」薄いパーツが用意され、その厚さだいたい0.2ミリくらい。

こういった構造は2万円〜3万円の「レジン製完成モデルカーに見られるもので、より実車に近い外観を再現できる反面「高価(手間がかかる)な手法。
これを量産1/43モデルで再現するとは恐るべしオートアート、という感じです。

ただしこれは「接着」されていて外せないので、「マットホワイトの上からクリヤーを塗ってボディ全体を艶ありホワイトに」しようと考えていた計画は一時保留することに(ウインドウ類を外せるのであれば簡単に塗れるものの、これが外せないとちょっと面倒。マスキングするにしても塗った後の境界が目立つ可能性も)。

そしてもう一つボディ側で驚かされるのは「フロントグリル」。
これは実際に薄いメッシュを使用しており向こう側が「透けて」見える構造。
やはりレジン製モデルでは多く採用されるものの、量産ダイキャストモデルでは「まず採用しない」手法です。
フロントの「センタースプリッタ」も実車同様にグロスブラックにペイント済み。

マフラーエンドもブラックにペイント。

とりあえず組み上げて完成。

外からでもステアリングホイールのイタリアントリコローレが見えますね。

全体的に見て、「レジンモデル」の精密さを持ったダイキャストモデルと言った感じで、量産ミニカーの常識を大きく超えた構造やパーツ、仕上げを持っています。
従来のオートアート製1/43モデルカーから比べると価格が上昇していますが、この出来を見ると「むしろ安いんじゃないか」と思えるほど。

正直な印象としてカスタムがためらわれるほどの完成度の高さがあり、当初「カスタムするかどうか」迷ったものの、購入目的自体が「自分のウラカンと同じ仕様にカスタムして保管しておく」というものなので、やはりここは「カスタムするしかない」と判断しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況, >ランボルギーニのミニカーや小物, ■近況について
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.