ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity)

日産が中国の東風汽車と合弁にてEVを生産すると発表。どうするトヨタ、ホンダ?

2017/08/30


nissan

日産が現在中国にて合弁を展開している東風汽車集団股份有限公司と共同にて、EVの開発を行う新たな合弁会社を設立する、と発表。
新会社の名称は「eGT New Energy Automotive Co., Ltd.(eGT)」で、ルノー・日産アライアンスのAセグメント車に使用されるプラットフォームをベースにEVを開発する、としています(つまり新規にEV用プラットフォームは開発しない)。

これはルノー・日産の「電気電気自動車領域におけるリーダーシップ」と、東風の「新エネルギー産業分野の」リソースにおけるシナジー効果を狙ったものとしており、”中国市場向け”に競争力のある電気自動車を提供することを狙ったもの。
なお、ここで開発・生産したEVは中国以外に輸出されるのかどうかは現段階では述べられておらず、ルノー・日産の「中国以外」のEVについては今回のeGTは無関係のようですね。

拠点については中国中央部の湖北省十堰市、生産については2019年より東風の工場にて行う予定で、株式においてはルノーと日産が25%づつ、残りの50%を東風が保有することになる、ともアナウンスされています。

ルノー・日産によると2016年の中国国内におけるBEV(純粋なEV)販売台数は256,879台(前年比121%増)。
2017年1~7月の販売台数においては前年同期比33.6%増と大きく成長しており、この市場拡大にしっかりついて行こう、ということなのでしょうね。



なお現時点で中国にてEVの生産を行うと発表しているのはメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン。
BMWはEVの中国生産について発表はしていないものの、中国国内向専用のPHEVモデルを(中国で)製造しており、”やろうと思えばいつでも出来る”状況だと思われます。
加えて先日フォードも中国企業との合弁によるEV生産を発表していますし、さらには今回の日産とくればほかメーカーもこの動きに乗り遅れるわけにはゆかず、トヨタやホンダがどう出るかは注視に値するところですね。

下記は中国の自動車メーカーとその提携先。

中国自動車メーカー「ビッグ5」
第一汽車(FAW)・・・フォルクスワーゲン、トヨタ、ダイハツ、マツダ、アウディと合弁を展開
上海汽車(SAIC)・・・フォルクスワーゲン、アウディ、GM、セアトと合弁を展開。ローバーブランドを保有
東風汽車(DFM)・・・日産、ホンダ、プジョー/シトロエン、キアと合弁を展開
長安汽車(CHANGAN)・・・フォード、スズキ、三菱と合弁を展開。イヴォークのパクリ車を製造するLANDWINDブランドを保有
奇瑞汽車(CHERY)・・・合弁はなく自社ブランドのみで企業活動を行う珍しいパターン

ビッグ5以外(一部)
北京汽車(BAIC)・・・メルセデス・ベンツとの合弁を展開
広州汽車(GAC)・・・ホンダ、トヨタ、フィアット、三菱と合弁を展開
吉利汽車(GEELY)・・・ボルボ、ロータスを買収、新ブランドLynk&Co.を展開
長城汽車(GREATWALL)
比亜迪汽車(BYD)・・・メルセデス・ベンツとEV生産で合弁
華晨汽車(BRILLIANCE)・・・BMWと合弁
浙江衆泰控股集団(ZOTYE)・・・ポルシェ・マカンほかのパクリメーカー。フォードとEV生産で合弁設立
江淮汽車(JAC)・・・フォルクスワーゲンとEV生産で合弁

-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , ,