ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツがそのEV「EQ」の最新ティーザー動画を公開。まさに走るスマホ


メルセデス・ベンツがフランクフルトモーターショーにて公開する「EQ」最新バージョンのティーザー動画を公開。
これを見ると、いままでに公開されているモデルと大きく差はないようですが、ランプ内部などがバージョンアップされているようです。
見たところOLEDではないものの各LED素子の発光タイミングをずらすことでグラフィカルな動きを実現していますね。

とにかく車体表面は滑らかで、メルセデス・ベンツの「スリーポインテッドスター」すら物理的な素材ではなく「イルミネーションにて」映し出される仕様。

全体的に強く「未来」そして「これまでのメルセデス・ベンツ、ほかのどの自動車とも異なる」ということを強く押し出したいのだろう、ということが理解できます。

なおEQ第一弾は5人乗りのハッチバックになると思われ、これはEV向けの新しいMEAプラットフォームを採用する見込み。
生産に関してはドイツでエントリー版EQを作るとメルセデス・ベンツは発言していますが、となると先日中国に建設するとした中国では「中国向けの車両」のみを生産するのか、もしくはバッテリーなど一部のコンポーネントを中国で製造し、中国マーケット以外で販売する車はそういったコンポーネントを輸入した後にドイツで組み立て、出荷するのかもしれません。

この「5人乗りハッチバック」は2019年に登場する見込みですが、モーター一つを持つ構造となり前輪のみを駆動。
ただしハイパフォーマンスモデルとしてリアにもモーターを積んで「4WD化」したバリエーションも登場する可能性があるようですね。

現時点で価格は不明ではあるものの、予測では500万円程度と見られ、BMW i3と真っ向からぶつかることになりそうです。
なお、フォルクスワーゲンのEVブランド「I.E.」から登場するモデルについて、VWは「同クラスのガソリン車並の価格」を目指しており、つまりは(実現できれば)現在のゴルフあたりの価格に落ち着く模様。

「価格」については現在非常に大きな要素と考えられ、テスラ・モデル3が「400万円以下」で販売されていることを考えると、できるだけこの価格に近づけることが求められる、とも思います。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,