ad-728





>アウディ(Audi)

アウディが後輪駆動モデルと思われるR8のティーザー動画公開。ドーナツターンが楽しそう


アウディがおそらくはフランクフルト・モーターショーにて発表すると思われる、R8後輪駆動モデルのティーザー動画を公開。
これを見ると優雅にドーナツターンを繰り返す様子がわかりますね。
なお、アウディR8が「後輪駆動化」されるのはこれが初となりますが、これは現CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏の意向が強そうです。

というのも同氏は前にCEOを務めていたランボルギーニにてガヤルドを後輪駆動化した実績があり、その後のウラカンでも後輪駆動モデルを用意。
加えてアウディのハイパフォーマンス部門「クワトロ」の責任者となってすぐには「4WD」を意味する社名である「クワトロ」を「アウディスポーツ」へと変更し、さらには「必ずしも4WDは正しい回答とは言えない」と発言しています。

こういった流れから「後輪駆動の」R8が登場するのは必然とも言えますが、今の時点でこれがどういったエンジンを積むのかは全く不明。

現行の他モデル同様に5.2リッターV10なのか、それとも噂されてきた2.5リッターツインターボなのか。
さらには5.2リッターV10であれば馬力は540馬力なのか610馬力なのか、それともその上か下か中間か、など。
ただ、動画ではドリフトを繰り返していることを考えると「操る楽しみ」を追求したのだと考えられ、であれば自然吸気エンジンの可能性大。

ちなみにランボルギーニ・ウラカンでは4WDモデルが610馬力、2WDモデルは580馬力。
後輪駆動モデルの方が出力が落とされていることにはなるものの、「1輪あたりの馬力」は後輪駆動モデルの方が上となっており、よって実際に乗ってみると後輪駆動モデルの方が鋭い加速を見せる、という印象があります。

#breakout @ #AudiIAA Stay tuned!

Audi Sportさん(@audisport)がシェアした投稿 -

->アウディ(Audi)
-, , , , ,