ad-728





>アウディ(Audi)

アウディが人工知能を持つ「Elaineコンセプト」公開。ドライバーの嗜好を学習し、「分身」のように自律行動

Pocket
LINEで送る

アウディが「Elaine(エレイン?)コンセプト」を発表。
これは見た目こそ上海で発表した「e-tronスポーツバックコンセプト」に似ているものの、その機能を大幅に拡張し、レベル4の自動運転機能を持っています。
なお「e-tronスポーツバックコンセプト」は全くといっていいほど注目を浴びなかったモデルですが、ぼく的にはかなり高評価な一台です。

「自動運転レベル4」というといわゆる「完全自動運転」に該当し、これは非常に高い要件を満たしているということになって、つまり現時点でアウディはかなりの技術を有している、ということの現れなのかもしれません。

レベル0
ドライバーが運転に関する全ての操作を行う。
レベル1
加速・操舵・制動のいずれかを車両側が行う(自動ブレーキ含む)。
レベル2
加速・操舵・制動のうち、複数を車両が行う。
アダプティブ・クルーズコントロールもこれに該当。
レベル3
加速・操舵・制動を全て車両が行うが、緊急時や自動運転システムの限界時にはドライバーが操作を行う。
なお事故時の責任はドライバー。
レベル4
完全自動運転を車両が行い、ドライバーは運転に関与しない、または存在しない。
レベル5
レベル4に加え、走行に関して限定条件がない「完全自動運転」。

ヘッドライトとテールランプはマトリクスLEDユニットが与えられ、さらには「アニメーションスペース」も。
他メーカーも同様ですが、自動運転車となると「外にいる人」となんらかのコミュニケーションを取ったり、現在の車両の状況を知らせる(「自動運転中」など)必要があると思われ、こういったグラフィック表示機能が与えられることになるのでしょうね。

自動運転の内容としては「トラフィックジャム・パイロット」をさらに発展させた「ハイウェイ・パイロット」が挙げられ、これは高速道路に限ってですが、ドライバーが介在しなくとも自律運転ができる機能。

自動運転以外だともちろんコネクティビティも強化され、さらにはコンシェルジュのような機能を果たす「パーソナル・インテリジェント・アシスタント=PIA」を装備し、これは持ち主の行動を車がモニタリングすることで、音楽や、エアコンの調整、好むパーキングスペースなどを把握し、指示しなくても車が自ら”その持ち主と同じように”考えて行動するようですね。

なお、この機能はかなり便利だと考えていて、特にそう思うのは「駐車スペース」。
ぼくは他の車を(不意に)傷つけるのも、もちろん自分の車が傷つけられることも好まないので、その施設の入口から遠くとも「周りに車のいない」「端っこ」の駐車スペースに車を停めるようにしています。

ですが、日産の発表した「プロパイロット・パーキング(リーフに搭載)」や、メルセデス・ベンツに搭載される自動駐車機能(リモートではないほう)を見るに「空いている駐車スペースで、もっとも近いところへ」停めるようで、これはぼくにとっては「好ましくない」機能。

Detail

できれば子供連れが乗っていそうなミニバンの横には置きたくない(子供連れに対して悪意はなく、単に不意の事故が起きる可能性の問題)と考えていますし、そのほか「道具としてしか扱われていない」ような車の横、いかにも荷物を積み下ろししそうな雰囲気のある車の横や周囲には自分の車を置きたくないと考えていて、そういったことを車が「自分と同じように」判断してくれるのは非常にありがたいところ。

話をこのElaineコンセプトに戻すと、AIを使用した他の機能として「アウディ・フィット・ドライバー(Audi Fit Driver=AFD)」なる機能があり、これはウエアラブルデバイスを身に着けておくと、そのドライバーの体調(体温や心拍数)をモニタリングし、心拍数が高いときはシートのマッサージャーを起動してリラックスさせてくれたりするようです。

メルセデス・ベンツSクラスにはアロマと照明が連動し、「気分に合わせて」使い分けができる機能がありますが、このElaineコンセプトでは、それを「自動的に」行ってくれる、ということになりますね。
さらには音楽などもリラックスできるようなものを選曲してくれたり、体温が高いときにはシートベンチレーションを起動したり、逆に冷えているときはシートヒーターを入れてくれたり、という気遣いもあるのかもしれません。

Elaineコンセプトのスペックとしては3モーターシステムを持ち、総合にて496馬力を発生。
一回の充電あたり航続可能距離は500キロ、0-100キロ加速は4.5秒とされています。

なお今回のフランクフルト・モーターショー出展車両、そしてヴィジョンについてはアウディジャパンからプレスリリースが配信されています。

->アウディ(Audi)
-, , ,