ad-728





>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

アクラポヴィッチもフランクフルトへ。ポルシェ/フェラーリ/ランボルギーニ用エキゾースト出展

2017/09/17


アクラポヴィッチがフランクフルト・モーターショーにてブースを出展。
今回はターボエンジンを搭載するポルシェ911(991.2)用のエキゾーストシステムを前面に押し出しており、ターボ化によって「失われた」とされるこれまでのポルシェサウンドをどう引き出しているのかは興味のあるところ。

もちろんポルシェ以外にも多くのモデルに対応したマフラーを展示していて、装着するモデルによってはエキパイ、触媒まで含めたものも。

こんな感じでバンパーの一部(ディフューザー)と展示してあり、この状態だと雰囲気を掴みやすいですね。

見るからに品質の高そうな仕上がり。

こちらはポルシェ911用。
フルチタンなので、かなり軽くなりそうです。

テールパイプ部分のみ。
カーボンのサラウンドがパイプに取り付けられていますね。

こちらはランボルギーニ・アヴェンタドール用。
純正に比べて「タイコ」がはなり小さくなっており(半分以下?)、そしてちょっとしたカーボン製のパーツが格好良いと思います。

アクラポヴィッチは比較的新しいメーカーにはなりますが、その妥協の無い製品づくり、そして実際の品質や性能が評価され、多くの自動車メーカー(アウディ、ルノー、フォルクスワーゲンなど)に純正採用されるまでに至る実力を持っています。
そのほかオプションとして用意するメーカーも多く、もっとも信頼のおけるエキゾーストメーカーと言えそうですね。

現在ではポルシェ、アウディ、フェラーリ、アバルト、シボレー、BMW、マクラーレン、ランボルギーニ、メルセデス・ベンツ、ミニ、ベントレー、アルファロメオなどのエキゾーストシステムを提供。
けして安い製品ではありませんが、「価格に見合う納得性がある」と考えています。

VIA:GTSPIRIT

->ポルシェ911関連, >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , ,