>ポルシェ・ボクスター関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェは「ソリッドステート・バッテリー」の可能性を模索。「リチウムイオンバッテリーでは重すぎる」

投稿日:2017/09/24 更新日:

ポルシェがフルエレクトリック・スポーツカーのためにソリッドステート・バッテリーの使用について研究中とのこと。
ソリッドステート・バッテリーはリチウムイオン電池のように「液体電解質」を持たず、よって現在問題となる発火の可能性が非常に低い、とされています。
加えて容量はリチウムイオン電池の2倍、寿命はほぼ無限とされており、「次世代バッテリー」の最有力と目されていますね。

これは2014年頃から話題になり始め各社が開発に成功、と発表。
数年内に実用化と言われたものの未だこれを実装した製品は見当たらず、サムスンは今年になり「2年以内をめどにスマートフォンに採用」、トヨタは「2020年代にリチウムイオンバッテリーに変わってEV向けに採用」と公表しています。

容量が倍ということは「同じ重量だと倍の距離」を走れること(構造が異なるので純粋にそうではないのですが)、「半分の重量で同じ距離を走れる」ということに。
加えて安全性が高いということになり、非常に有用であるようには思えますが、今のところ実現できていないということには何らかの問題があると思われ、やはり価格面であったり、温度のコントロールといったこともあるかもしれません。

ポルシェについてはグループの意向によって「2030年までに全てのモデルにエレクトリックモデルを投入」することになると思われ、それ以前にも相当にエレクトリック化に熱心なメーカーであるため、いち早くソリッドステート電池の可能性に着目しているのでしょうね。
なお、以前からポルシェは「スポーツカーもエレクトリック化」を進めると発言しており、ボクスターの電動版「ボクスターE」をテスト用として開発したことも。

その上で「結果はがっかりさせられるものだった」「現在のバッテリーはスポーツカーレンジには重すぎる」と述べており、やはりテストの結果、既存バッテリーではポルシェの要求するレベルの運動性能を発揮できなかったものと思われます。
ポルシェの研究開発部門責任者、マイケル・スタイナー氏によると「エレクトリックスポーツカーは継続的な加速に優れる」としながらも「重量が重くなる(ひいてはハンドリングに影響する)」としており、やはり重量が最大の問題だと言えそうですね。

上述のようにトヨタ、加えてBMWもソリッドステートバッテリーの開発を進めており、ここにポルシェも加わっているということになりますが、これを早く実用化したメーカーが「ゲームチェンジャー」となりうる可能性を持つのかもしれません。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ・ボクスター関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.