●アウディTT(8S) ■近況について

アウディTTのテールパイプ内側、”地金色”が気になったので「マットブラック」にペイントしてみた

投稿日:2017/09/30 更新日:

さて、アウディTTのマフラー内部をペイント。
ぼくのTTはマフラーエンド(テールパイプ)をブラックにペイントしていますが、パイプ外側がブラックなだけにマフラー内側のシルバー(地金色)がちょっと目立ちます。
ぼくはこういったところが非常に気になるタイプなので、今回マフラー(テールパイプ)の内側をブラックに塗ってみよう、ということですね。

なお、ぼくが他の所有するランボルギーニ・ウラカンでもこれは同じで、せっかくテールパイプの外側がブラックなのに、その内側がシルバー(地金色)なのが我慢できず、こちらもやはりブラックに塗装しています。

DSC02182

用意するのは養生テープ、マットブラックの耐熱塗料(テールパイプ内部は高温になるので、耐熱塗料が好ましい)。
まずは養生テープでテールパイプのブラック部分に、これから塗る塗料が付着しないように養生。

養生テープを重ねて後方に延長していますが、これは何のためかというと、塗料ができるだけ飛散しないようにするための「カバー」としての役割を想定しているだけなので、紙など他のものでもオーケー。

DSC02184

使用するのはこんな缶入りスプレー。
耐熱仕様のマットブラックです。

DSC02185

この状態でできるだけテールパイプに近づき、塗料が飛散しないようマットブラックを噴射。
屋外での作業となりますが、ここで重要なのが「風向き」。
風向きを考え、逆流してきた塗料の粒が車体側へ流れ付着しないよう、つまりボディとは逆へ粒子が飛んでゆく方向へと車を停めて塗装に挑みます。

DSC02189

これで完成。
外側はグロスブラック、内側はマットブラックとなり、そして地金が見えなくなって気分的にすっきり。

DSC02191

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-●アウディTT(8S), ■近況について
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.