ad-728





>スズキ(SUZUKI)

スズキが東京モーターショー展示内容を発表。ジムニーの名はあれど新型ではなさそう


スズキが東京モーターショーでの出展概要を発表
今回発表された中には残念ながら「新型ジムニー」は含まれないものの、リストは「主な」展示車としており、もしかするとサプライズがあるかもしれません。
なお、先日のカタログリークではかなり完成度の高い内容だったので、今回モーターショーへの出展がないとしても、近日中に何らかの発表はありそうですね。

今回の目玉はバギーのようなスタイルをもつ「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」となりそうで、これはスズキがジムニーやエスクードで培った技術を用いたエレクトリック・コンパクトSUV、とのこと。

今回発表された内容によると、ほか展示車は下記の通り。

まずはSPACIA CONCEPT(スペーシア コンセプト)。

img02

SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)。

img03

XBEE(クロスビー)。

img04

XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)。

img05

XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー ストリート アドベンチャー)。

img06

キャリイ軽トラいちコンセプト。
ここまではすべて「ワールドプレミア」、つまり世界初公開モデルとなっています。

img07

その他では下記の通り(4輪車は合計20台、としている)。
「ジムニー」の名もありますが、これは新型ではなさそうですね。

新型スイフトスポーツ、バレーノ、イグニス、エスクード、ハスラー、アルト ラパン、アルトワークス、ジムニー、ワゴンR 昇降シート車

なお二輪(バイク)だとSV650X(ワールドプレミア)、SWISH(スウィッシュ/ワールドプレミア)、GSX-R125(ジャパンプレミア)、GSX-RR、隼(ハヤブサ)、GSX-R1000R ABS、バーグマン400 ABS、GSX250R、V-Strom 250の合計9台。

画像はSV650Xですが、スズキいわく「ネオレトロ」スタイルを採用したとしており、これはスズキの得意分野とも言えそうです。

img08

->スズキ(SUZUKI)
-, , ,