ad-728





>ポルシェ911関連 ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

次期ポルシェ911(992)の最新スパイフォト。メーターはデジタル化、フロントフードには993っぽい段差が


911のメーターもついにデジタルに

次期ポルシェ911(992)と思われる車両の内装を捉えたスパイフォトが登場。
これによると5連メーターという構成は変わらずとも、すべてデジタル化されているように見えますね。

スタイリングはまさに「911」を継続。このヘリテージも反映?

これまでのスパイフォトを見ると、そのスタイルは911というよりも「ミッションE」に近いように思われましたが、今回の画像では「911色」を強く残しているようにも。

porsche-911-prototype-with-digital-gauges (4)

フロントフードのセンターにはプレスライン。
もしかすると993世代までに設けられていたデザインを再現しているのかもしれませんね(ただしエアを取り入れる構造ではない)。

ドアハンドルはフラッシュマウントのように見えるものの、ハンドル下に「窪み」があるので、ポップアップ式ではなく、その窪みに指先を入れてハンドルを引く方式なのかも。

porsche-911-prototype-with-digital-gauges (3)

こちらが993世代のポルシェ911。
フロントフードの中央に「段差」があることがわかりますね。

もちろん現行モデルに似せた偽装を施していることもあるかと思いますが、この角度だと「紛れもない911」。
ポルシェはパナメーラ、カイエンについては大きくデザインを変更していますが、それも「911に似せるため」であり、「今までとデザインを変える(新しくする)こと」が目的ではなかったと思われます。

porsche-911-prototype-with-digital-gauges (2)

新型カイエンのプレスリリースにも「SUVにさらなる911らしさを」とあるとおり、新型カイエンのデザインにおけるインスピレーションは911であることがわかりますが、あわせて911は不変の存在として「911は911のままであるべき」「911はすべてのポルシェのルーツであるべき」というポルシェの強い信念も理解可能。

911は996世代にていったん大きくイメージを変え、「涙型」ヘッドライトを採用したものの、その後の997世代ではヘッドライトをそれまでの911同様「丸型」に戻していて(同時にウインカーもバンパーへ戻った)、そういった変遷からもポルシェが「いかに過去の911をリスペクトしているか」を知ることもできます。※1990年台後半までは「変わること」をテーマに掲げていたと思われるが、その後は「変わらないこと」を基本理念に掲げているように思われる

やはりポルシェは伝統を重視するメーカーだった

もういちどメーター。
この画像を見ると、やはりセンターも「デジタル」のようですね。
センターの左右脇にある液晶は中心に向けて角度がつけられている模様。

porsche-911-prototype-with-digital-gauges

こちらはポルシェ・パナメーラのメーター。
センターのみがアナログで、その両脇は液晶に。新型911(992)では、このパナメーラのメーターをさらに進化させている、ということになりそうです。

こちらは930世代のポルシェ911。
いずれの世代においても多少デザインは変われど「5連」メーターを持つのは同じ。
水平基調のダッシュボード、そしてダッシュボードの上半分が「ポコンと出っ張っている」のも現代の911にまで連なる伝統であり、やはりポルシェが過去の遺産を重要視している、ということを見て取れます。

->ポルシェ911関連, ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,