ad-728





>アウディ(Audi)

アウディR8のハードコア版?「R8 GT」と見られるプロトタイプが軽偽装で走行中


アウディR8 GT?謎のR8プロトタイプが走行中

アウディR8「GT」と思われるプロトタイプが目撃に。
アウディは後輪駆動バージョンのR8、「R8 V10 RWS」を発表したばかりですが、矢継ぎ早にそのバリエーションを拡大するようですね。
今回車体後部にカモフラージュが施された状態ではあるものの、そこからわかる範囲だとさほど変更点は大きくない模様。

軽量ハードコアな限定モデル、アウディR8 GTとは?

初代R8 GTは2011年に発表された限定車で、先代R8のトップレンジである「R8 5.2 FSIクワトロ」をベースに徹底して軽量化を施したモデル。
フロントウインドウの薄肉化、リアウインドウをポリカーボネートへ変更、もともとアルミ製のフロントフードを「さらに薄いアルミ製」のものへと交換し、内外装にカーボンパーツを多用。
これらによって110キロも軽量化したことに加え、エンジンは標準+35馬力の560馬力へ。
ベースモデル比で730万円高の2742万円という価格設定となっています。

new-audi-r8-version-spy-photo (1)

今回目撃されたプロトタイプの市販版も「GT」を名乗ることになるのかどうかわかりませんが、例えばランボルギーニ・ウラカンに対するハードコアモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」だとアクティブエアロデバイス装備など大きな変更が施されるものの、R8の場合はハードコアモデルといえども「そこまで」の装備/機能変更は無いのかもしれません。

もしくは先代R8 GTのように「とことん軽量化」を突き詰めたモデルかもしれず、というのもアウディスポーツは先日RS4/RS5の軽量バージョンである「カーボンエディション」を発表したばかり。
これと同じ手法で100キロほど軽量化し、出力を640〜650馬力程度まで(ウラカン・ペルフォルマンテと同じくらい)高めるかもしれず、ウラカン・ペルフォルマンテとは別の方向で走行性能を追求する可能性も。

new-audi-r8-version-spy-photo

なおアウディはさらにRS3/TTRSに搭載される2.5リッター5気筒ターボエンジン、もしくはRS4/RS5に積まれる2.9リッターV6ツインターボエンジンを持つ「エントリーモデル」となるR8を発売するとも言われます。
ただし「エントリー」といえどもV10モデルよりは相当に軽量であることは間違いなく、もしかするとV10モデルより速いんじゃ無いかと思うことも。

あわせて読みたいアウディスポーツ/アウディR8関連投稿

VIA:Motor1

->アウディ(Audi)
-, ,