>シボレー(CHEVROLET)

1972年に新車でコルベットを購入し、今それを売りに出した男の物語。わずか1556キロしか走れなかった理由とは

投稿日:2017/10/17 更新日:

走行距離わずか1556キロのC3世代コルベットが販売に

ペンシルバニア州でC3世代のコルベットを売りに出した男が話題に。
1972年のある日、このコルベットのオーナーである(当時22歳の)ジム・キーヴァンさんはシボレーのディーラー(現在も営業しているGraviak)へ、自身のコルベットZR1をオーダーするために訪問したのが物語の始まり。

現オーナーは22歳の時、このコルベットを新車で購入

幸いにも彼は若くてもコルベットZR1を購入するだけのお金があり、しかしディーラーは彼の年齢や経験を鑑みて「コルベットZR1はあまりにパワーが大きく扱えない」と彼を説得して別の車を買わせようと試みたものの、彼はその説得に応じずこの(最大排気量とパワーを持っていた)コルベット454を購入することに。

corvette (1)

その後車が届いて保険に入ろうとしたところ、車の価格6,200ドルに対して保険の価格が1,200ドルと非常に高額で、そのため彼は保険には入らず、そして事故を警戒してこの車をドライブする機会は非常に少ないままに終わった、というのがこの車にまつわる物語となっています。

corvette (3)

それでもなぜ彼はこのコルベットを保管し続けたのか?

その走行距離はわずか1556キロにとどまっていますが、1922年モデルの454エンジン搭載車は非常に貴重であり(翌1973年のマスキー法施行にてコルベットの馬力は大きく落ちることになる)コルベットフリークにとってまたとない出物、と言えそうですね。

タイヤも潰れておらず定期的に空気を入れたりとメンテナンスを行っていたように思われ、おそらくオーナーさんなりに「最大限の」愛情を注いでいたのだと思いますが(でなければとっくに手放していたはず)、車体は埃をかぶっており、エンジンルームも汚れてはいるなど「不思議」な部分も。
それでも45年を経過した車としてはまず「奇跡」に近いコンディションと言えそうで、この状況については「オーナーさんしか知り得ない、深い事情」があったのだと思われます。

なお、オーナーであるジム・キーヴァンさんは下記のように語っています。

「多くの人がこう言うよ。”新車のコルベットを持ちながら、それをドライブせずにいられるなんて信じられるか?”、と。でも仕方がなかったんだ。私はちょうど結婚したてで、家を買う必要があった。子供だって持ちたいと考えていた。そんな中、保険無しで運転し、私が死んだら残った家族はどうなる?他に選択肢はなかったんだよ」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.