ad-728





>ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが2017年現在までの販売台数公表。前年比+4%、中国が圧倒的No.1、パナメーラが73%増

Pocket
LINEで送る

パナメーラの販売はなんと73%増

ポルシェが今年9月までの販売状況を公開。
これによると前年比で+4%と好調を維持。
台数としては185,898台となり、モデルチェンジを受けたパナメーラが驚異の73%増加(19,000台)。
ただしパナメーラはまだデリバリーが本格化しておらず、グレードも全てで揃っていないため、今後さらに伸びてくるものと予想できます。

ついにマカンが「ポルシェで最も売れた」モデルに

そしてマカンは前年比+3%で73,000台を販売し、「ラインアップ中、もっとも売れているモデル」に。
なおモデル末期のカイエンも49,000台(前年比-3%)が売れたそうで、となるとモデルチェンジ後はさらに多くの販売を記録しそう。

中国がポルシェにとってのNo.1市場という傾向は揺るがぬ事実に

市場としては中国が54,000台でナンバーワン、次いでアメリカの41,000台。
さらに中国は10%の成長を記録し、カイエンとマカンの販売に大きく貢献している、とのこと。
この好調を維持するため、上海に「エクスペリエンスセンター」を建設する、としています(完成したら行ってこようと思う)。

市場別の販売を見てみよう

こうやって見るとやはり中国は圧倒的。
今後もこの傾向は変わらない、と考えられます。
日本は国別だとベスト5にも漏れる状態だと思われ、9月までの登録台数は累計で5,245台(前年比-6%)。

なおこの販売台数からマカンの73,000台、カイエンの49,000台、パナメーラの19,000台を引くと残り44,898台で、これが「911+718ケイマン/ボクスター」ということになり、現在のポルシェにおけるスポーツモデルは寂しいことに「少数派」となっています。

世界合計 185,898台 前年比+4%
ヨーロッパ 60,838台 前年比+4%
ドイツ 21,880台 前年比-1%
アメリカ(ホクベウイ+南米) 50,386台 前年比+4%
米国 41,237台前年比+2%
アジア太平洋/アフリカ/中東 74,674台 前年比+5%
中国 54,090台 前年比+10%

->ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・マカン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,