ad-728





>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について

アルファロメオ・ジュリアを見てきた。スーパー/ヴェローチェ/クアドリフォリオの3グレードを一気に紹介

2018/02/25

アルファロメオ・ジュリアを見てきた。意外とモデル間の際は大きい

アルファロメオ・ジュリアを見にアルファロメオ北大阪さんに。
さすがに期待の新型車ということもありショールームには多数のお客さんが訪れています。

なお、「アルファロメオ特有」なところは訪れるお客さんの「マニア度」が高いということで、ショールームに入ってくるなりブレーキキャリパーをチェックしたりリアディフューザーをチェックしたり、という人も。
加えてセールスさんと話している内容もハンドリングやエンジンなど、他のディーラーではあまり聞かれない話題が多いようです。

まずは高級路線の「ジュリア・スーパー」を見てみよう

アルファロメオ・ジュリアには下記の通り4つのグレードがありますが、最もベーシックなものを除いて3グレードが勢ぞろい。
ここで順番に見てゆきましょう。

・ジュリア/GIULIA(受注生産):4,460,000円
・ジュリア・スーパー/GIULIA SUPER:5,430,000円
・ジュリア・ヴェローチェ/GIULIA VELOCE:5,970,000円
・ジュリア・クアドリフォリオ/GIULIA QUADRIFOGLIO:11,320,000円

DSC02450

ジュリア・スーパーは上質な内装が自慢で、プレミアムレザーステアリング、プレミアムレザーシート、ウッドパネルが自慢。
エンジンは2リッターターボ、出力は200馬力、ホイールサイズは18インチとなっています。

DSC02452

別途試乗レポートをアップしますが、けしてクアドリフォリオの「廉価版」ではなく、ちゃんと「ジュリア・スーパー」を選ぶ理由が存在する素晴らしいサルーンですね。

DSC02442

これがジュリア・スーパーの内装に用いられるウッド。
ウッド「調」ではなく本物のウッドで、つや消しにてシックな仕上がりとなっています。

DSC02441

唯一内装色に「ベージュ」が選べるグレードで、明るい内装色とウッドのマッチングが良好。

DSC02440

プレミアムレザー・ステアリング。

DSC02439

次は「ジュリア・ヴェローチェ」を見てみよう

DSC02414

スポーティーグレードのジュリア・ヴェローチェは2リッターながらも280馬力という高出力が特徴。
エクステリアがややアグレッシブになり、何より「4WD」ということが最大の魅力となっています。
価格は「ジュリア・クアドリフォリオ」の半分となっており、かなり買い得感の強いモデルでもありますね。

DSC02418

サルーンとは思えない巨大なリアディフューザー。
フロア下を覗いても「ちゃんとフラット」になっており、これが飾りではないこともわかります。

DSC02417

新しくなったアルファロメオのエンブレム。
ぼくは自動車の中でアルファロメオのエンブレムが最も格好良い、と考えています。

DSC02420

空気の剥離のために設けられた「段差」。
これによってエアロダイナミクスを改善していますが、トヨタIQやミニ・ハッチバックなどにも見られる手法ですね。

DSC02422

後席足元は広い!

DSC02426

インテリアは先進的。
シート左右は「外側」に寄っていて、料金所などでチケットや金銭の授受の際には非常に「楽」だと思われる部分。

DSC02430

スポーツシートはホールド性抜群。
アルファロメオらしい、固めの張力を持った座り心地(イタリアの高級レザーソファっぽい)で、レザーの質感も優れていますね。

DSC02436

フロントバンパー下部はアグレッシブな形状に。
センターにはスプリッターが設けられています。

DSC02449

トップレンジの「アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ」を見てみよう

こちらはフラッグシップの「アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ」。
3リッターV6ツインターボ、510馬力のスーパーサルーンで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの記録を破りニュルブルクリンクにおける「セダン最速」タイムを持つことでも知られますね。

DSC02454

見るからに雰囲気の異なるジュリア・クアドリフォリオ。
フロントバンパー左右ダクトにはエアを流すためのガイドがあり、さらに追加でその脇にダクトが設けられています。

DSC02458

フロントリップはカーボン製。

DSC02457

ボンネットにもダクト装備。

DSC02459

ブレーキシステムはブレンボ製ですが、ローターのハウジング部は軽量化ために大きく肉抜きされたもの。

DSC02467

フロントフェンダー上のクアドリフォリオ・エンブレム。

DSC02468

サイドステップにもカーボン製のエクステンション。

DSC02469

トランクリッド上のカーボン製リアスポイラー。
角度がかなり「急」で、相当なダウンフォースを発生するであろうことが想像できます。

DSC02472

マフラーエンドは4本出し。

DSC02477

ざっと3つのグレードを見て見るとそれぞれの特徴がよく表現されており、それぞれに存在意義がある、という印象。
ジュリアというとクアドリフォリオにばかり目がゆきますが、なかなかどうして「スーパー」「ヴェローチェ」も魅力的な車だと思います。※他の画像はFlickrのアルバム「ALFA ROMEO」に保存しています

今回こんな切手をいただき、これは実際に使える(もちろんぼくは使わない)という非常に価値の高いもの。永久保存版ですね。
改めてアルファロメオ北大阪さんにはお礼申し上げます。

DSC02480

アルファロメオ・ジュリアを見に行ったのは「アルファロメオ北大阪」さん

今回アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオを見に行ったのは「アルファロメオ北大阪」さん。
八光さん系列となり、そして八光さんの例に漏れず「車好き」の営業さんばかりの頼もしいディーラー。
皆さん知識豊富で、「密度の濃い」会話が可能です。

アルファロメオ北大阪
〒563-0034池田市空港1-12-3
定休日:水曜日
営業時間:10:00-19:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), ■近況について
-, , , , ,