ad-728





>ボクスター購入記・インプレッション・近況等 >ボクスター維持費・トラブル・メンテナンス >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェ981ボクスターのウインタータイヤ、そしてアッカーマンジオメトリについて

2018/01/31


ウインタータイヤに交換したことによる変化は「乗り心地」以外にも。
ボクスター(911、ケイマンも同じですが)にサマータイヤを装着した状態でステアリングを大きく切って曲がると、「ボリボリボリ」と音が出ます。

これは旋回性を重視したアッカーマン・ジオメトリの関係(で内側のタイヤの切れ角が大きくなって軌跡差が出る?)によるものと思われますが、低速時で、かつタイヤが暖まっていない時に発生するものです。
ポルシェの純正装着タイヤはブリジストン、ヨコハマ、ピレリ、コンチネンタル、ダンロップ、ミシュラン等様々なものがありますが、おそらくはタイヤの銘柄によっても発生条件、音の大きさ、振動の大きさは異なると思われます。

ぼくのボクスターにはピレリPゼロが装着されていますが、気温が25度を下回るともう発生するようです(タイヤが冷えている場合)。
そのため、秋になるとこの音が盛大に発生するようになり、これによって秋の訪れを感じるわけですが、あまり気持ちのよいものではありません。
タイヤが冷えていると、トレッド面がアスファルトに食いつかずに「跳ねるように」引きずられる(滑る)ことになり、タイヤが暖まるとトレッド面がアスファルトを掴むために「滑らない」になるのだと考えています。
これは割と不快な現象なのですが、ぼくの車両が特別大きな音なのか、もしくはほとんどのユーザーさんが納得しているのか、大きな話題にはなっていない様子(知らずにこの現象に遭遇すると、かなり焦ると思えるほどの音と振動)。
なお、試乗車などで確認しても、ぼくのボクスターと同じような音がするので、ぼくの車両が特別大きな音と振動が出る、ということではなさそうです。

そしてこの現象ですが、タイヤをウインタータイヤに変えるとまったく出なくなります。
おそらくウインタータイヤはサイプが切られていてトレッドが柔軟に動くためにこの音が出ないのだと思いますが、そのぶんグニャっとした感覚もあるので、サマータイヤが暖まって「グリップする」のとはまた違う路面との接し方なのだと思います。

DSC02082

なお、今までに乗ってきたボクスターS(986)、911(997)でこの現象は発生しておらず、991/981で発生する現象なので、この世代からステリング関係の設定が変わっていることも考えられます。
ポルシェが「これでOK」として発売している仕様なので不満や不安はありませんが、今までと大きく変わっており、ちょっと驚いた981ボクスターならではの特異点です。

DSC02078

なお、そろそろタイヤが減ってきており、かつオゾンクラックも出てきているので来年の今頃にはサマータイヤを換えないと、というところですが、次回はミシュラン(パイロットスポーツ)の装着を検討しています。
現在のタイヤはピレリPゼロなのですが、スリップサインはまだ出ていないものの、トレッドの一部においてグルーブがほとんどなくなっています(それでもスリップサインが出るまでは2−3ミリあるので、けっこう減っても問題はない、ということはちょっとびっくりですが)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ボクスター購入記・インプレッション・近況等, >ボクスター維持費・トラブル・メンテナンス, >ポルシェ・ボクスター関連
-, , , ,