ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3に超アメリカンな30周年記年車、「アメリカン・エディション」登場。この内装は見ものだ

= アメリカンなM3”M3 30 Years American Edition”がSEMAショーに登場 =

BMW M3は2016年に登場30周年を迎えていますが、北米向けとしては昨年にも30周年記念モデルを発売しており、今回はワンオフでショー用として作成したもの。
ボディカラーはマット仕上げのフローズンレッドⅡ、ホイールはゴールド、内装はなんと「ブルー/ホワイト/レッド」のアメリカン仕様となっています。

とことんこだわったアメリカン仕様

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (2)

ナンバープレートには「ジ・アルティメイト・ドライビング・マシーン」。
リアサンシェードには「30th」記念モデルロゴが入ります。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (1)

ホイールは淡いゴールド。
サイズは前後異径で、フロント20、リア21インチ。
ブレーキキャリパーもゴールドであるところから、カーボンセラミックブレーキ装着であることがわかりますね。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (16)

ヘッドレストにはアメリカ国旗を模したグラフィックと「30th」。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (15)

内装はレザーとアルカンタラ仕上げ。
ブラックのアルカンタラ部にはMカラーのステッチが入りです。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (14)

何と言っても驚かされるのはこのインテリア。
アメリカ国旗に使用される、レッド/ブルー/ホワイトを大胆に使い分け。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (13)

ダッシュボードのトリム(カーボン)にも特別仕様であることを示すロゴ。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (12)

リヤシートもレッド/ブルー/ホワイト。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (11)

ダッシュボードはホワイト。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (10)

ルーフ(カーボンパネル)にはMカラーのストライプ。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (9)

エキゾーストシステムはMパフォーマンス製(チタン)、テールエンドはカーボン製。

2018-bmw-m3-30-years-american-edition (7)

この内装をデザインしたのはBMW本社のデザインチームで、レザーには”メリノレザー”を採用。
正確には「オパールホワイト」「ムジェッロレッド」「フィヨルドブルー」というカラー名になる、とのこと。

今回SEMAで公開されるM3 30イヤーズ・アメリカン・エディションは「ワンオフ」ではあるものの、これが(チャリティーオークションなどで)販売されるのか、もしくは限定にて生産に移されるのかは不明。
ただ、この「アメリカンな」仕様を見たアメリカ人が黙っていようはずもなく、おそらくは要望に押される形で販売されるのでは、と考えています。

あわせて読みたいBMW M3 30周年記念関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,