ad-728





■映画や音楽、本について

ワイルド・スピードのローマン役俳優タイリース・ギブソン「次回作にホブスが出るなら自分はもう出演しない」

ローマン「ホブスが出るなら、自分はワイルド・スピード9に出ない」

ワイルド・スピードシリーズの「ローマン・ピアース」役で知られるタイリース・ギブソン氏が「もしドゥエイン・ジョンソン(ホブス役)がワイルド・スピード9に出演するのなら、残念だが俺は出ない。ワイルドスピード9にはローマンはいなくなる」と発言。
事の発端はドゥイエン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムとの(ワイルドスピードからの)スピンオフムービー製作とのことで、これの制作のためにワイルド・スピード9そのものが遅れると報じられた事。
このスピンオフムービーが優先されて公開は2016/6/26に、そのためワイルド・スピード9は2020/4/10公開へと延期

原因はドゥエイン・ジョンソンのスピンオフムービー

理由としては非常に複雑で、タイリース・ギブソン氏は離婚した妻相手にちょっとした係争を抱えており、現在親権争いの真っ只中。
そのために「お金がない」と述べており、どうもワイルド・スピード9の公開延期でギャラが入ってこないことに危機感を覚えているようですね。

なおワイルドスピード9延期の理由となった「ホブスとデッカードのスピンオフ映画」について、ドゥエイン・ジョンソンがタイリース・ギブソン氏の事情を考慮せず勝手に進めたとしており、彼に対して腹を立てている模様。
ただ、実際にワイルドスピード9を降板すれば、遅れてでも入ってくるであろうギャラをフイにしてしまうことになり、実際に「降りる」ことはないのかもしれません。

以前にミシェル・ロドリゲスも「女性軽視」のワイルドスピード・シリーズに対し「このままだと降りる」と発言しており、こういった展開も「本気」なのか「自分の立場を向上させるためのブラフ」なのかは分かりかねるところ。

あわせて読みたいワイルドスピード関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■映画や音楽、本について
-, , , ,