ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型スープラがポルシェ・ケイマンをニュルで追いかけ回す動画。ドアミラーはBMWと同じ?


ニュルブルクリンクにて、新型トヨタ・スープラがポルシェ・ケイマンとランデブー

supra

なかなか発表されない新型トヨタ・スープラ。
そのプロトタイプがさらにニュルブルクリンクにてテストを重ねる様子が動画にて捉えられています。
動画では他の車(ポルシェ718ケイマン)と一緒に走る様子、ニュルブルクリンクの外にて給油する様子が収められていますが、かなり鮮明な姿も。

なぜかランプ類はプロダクションモデル仕様ではない?

ただし今回動画にて確認できる個体はなぜか最新のものではないようで、というのもヘッドライトが最近目撃された「三眼」ではなく、仮の丸いレンズを収めているため。

それはともかくとして、今回興味をひくのは、トヨタがポルシェ718ケイマンと一緒にテストを行っていること。
ケイマンの後ろを走ったり、ケイマンの前を走ったりという姿が見られますが、給油も同じタイミングで「連れ立って」行っているところを見ると、トヨタが用意した車両である可能性が大。

実際はどうかわかりませんが、動画ではさほど走行する速度があまり高くは無いように見え、かつタイヤのスキール音が大きくないこと、ミドシップであるケイマンと「きっちり」おなじラインを取っているところを見ると、限界走行時のテストというよりはハンドリングに関するテストなのかもしれませんね。

なお、今回はじめて気づいたのですが、新型スープラのドアミラーはBMWと同一である模様。
あくまでも「画像からその形状を見る限り」ということにはなるものの、BMWが現在採用するミラーと同じように見えます。

↓こちらがBMWのドアミラー

そう考えると、新型スープラはトヨタよりも(トランスミッションやエンジンを考慮しても)BMWに近いと考えられ、これまでのトヨタのチューナーはパーツ開発にけっこう苦労するかもしれませんね。
逆にBMW系チューナーが新型スープラのチューニング/カスタムパーツを開発/発売したり、パーツの流用(ミラーが本当に同じであれば、BMW用のカーボンミラーカバーや、M3/M4に採用されるエアロミラーの流用が可能)ができるのかもしれません。

それでは動画を見てみよう

こちらがその「ポルシェ718ケイマンと一緒に」新型スープラがニュルブルクリンクを走る動画。

こちらは新型スープラと同じプラットフォームやエンジンを持つことになるBMW Z4。
やはりZ4もなかなか発売されませんね。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,