>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

718ボクスター・スパイダーは911GT3のエンジン搭載が濃厚に。ケイマンGT4との差はなくなる?

投稿日:2017/11/22 更新日:

つまるところケイマンGT4の「オープン」に?

718世代のボクスター・スパイダーのスパイフォトがチラホラと出回る時期となりましたが、その情報も徐々に密度の濃いものに。
今回は英国Autocarが「718世代のボクスター・スパイダーのエンジンは911GT3のフラット6が搭載される」と報じており、つまり現在ボクスターの上位モデルに搭載される2.5リッターフラット4はボクスター・スパイダーでは採用されない、ということに。

ボクスター・スパイダーはケイマンGT4との関係性が強くなる

同時にこれは「ボクスター・スパイダーとケイマンGT4は近いスペックを持つ、もしくは同一のスペックを持つ可能性がある」ということを意味しており、981世代では「ケイマンの方が馬力やパフォーマンス面で上」とされていた序列が崩れ去ることに。

実際に718世代ではボクスター、ケイマンともに「718」というひとくくりにて扱われるようになり、その差は「クローズかオープンか」というバリエーション的位置付けになっているのも確か。

現在のところこの「911GT3」のエンジンがボクスター・スパイダーに搭載されたとして何馬力程度を発生するのかは不明ではあるものの、425〜450馬力というのが「通説」。
なお718ボクスターGTSは365馬力、ボクスター・スパイダー(981)は385馬力なので、これを上回るのは確実と見られます。

トランスミッションについてはマニュアルが標準、そしてPDKもオプションにて提供されると推測されますが、防音や吸音、制振に関わる部分は相当量が省かれ、様々な部分が軽量化される「スパルタン仕様」となるのは間違いなさそうですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連, >ポルシェ・ケイマン関連, >ポルシェ・ボクスター関連
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.