>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・マカン関連

ポルシェの開発担当語る。「マカンベースのEV投入」「次期911は2018年後半に公開、HVあり」

投稿日:2017/12/02 更新日:

ポルシェは2025年には販売台数ベースでエレクトリック化率を50%に

現在ポルシェは初の量産EVである「ミッションE」の販売に向けて全力を傾けているところかと思いますが、ポルシェは2025年には販売の半分をエレクトリック化された車、つまりハイブリッドやEVによって構成させたい意向だと報じられています。
これには新型EVを発売してその分を「上乗せ」するほか、既存車種を「エレクトリック化」することで構成比を変えてゆく必要がありそう。※以前には「2023」と報じられており、計画に遅れが発生?

「ミッションEVの次はエレクトリックSUV」

そこで度々話題に出るのが「次期マカンはEV」説ですが、今回ポルシェの研究開発部門を統括するミハイル・スタイナー氏がAutomotive News Europeに語ったところによると、これはかなり現実味のあるウワサである模様。

同氏がインタビューに答えたところによると、「ポルシェにとってエレクトリック・ビークル第二弾はマカンがベースとなるだろう」とのことで、「パナメーラやスポーツカーがベースではない」。
その理由として、ミッションEVは「911とパナメーラとの中間」に位置する車であり、スポーツカーの運動性とサルーンの居住性を持ち合わせた車だと表現。
よって、「スポーツカー」「サルーン」をミッションEがカバーするならば、その次となるEVは異なるセグメントである「SUV」がもっとも妥当、だと語っています。

たしかにこれは理にかなった製品構成であり、現在「マカンのEV版」は充電一回あたりの走行可能距離が500キロを超えるように調整している最中だとも述べており、さらにはオプションにて「長距離走行が可能な」ラージバッテリーの搭載も可能にする、とのこと。
※次期マカンがEVになるのか、それともマカンベースで「別」のエレクトリックSUVを投入するのかは不明

加えて同じインタビュー内では「次期911(992)」は2018年の第三 四半期に公開され、”ハイブリッドシステムを持つ”とも。
ただしこれは最近報じられた「ポルシェ911はあと10年はハイブリッドはない」とされるものと相反しており、まだまだどうなるのかは不明。
しかしながら911ハイブリッドについては「エレクトリックモーターでの走行距離を伸ばすことが目的ではなく、スポーツカーとしてのパフォーマンスを向上させることが目的」とも語っており、この点は様々な報道と一致するところですね。

あわせて読みたいポルシェのエレクトリック化関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連, ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・マカン関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.