ad-728





>スバル(SUBARU)

スバル史上最大の「アセント」発表。7/8人乗り、全長5メートル、カップホルダーは19個装備


「過去最大の」スバル車登場

スバルが三列シートを持つクロスオーバー、「アセント」を公開。
これはロサンゼルス・モーターショーに展示されるもので、オンライン並びに現地でのプレス向けに実車公開という二段構え。
過去最大のスバル車となり、これまでとは異なるセグメントを開拓することが期待されますが、北米では信頼の厚いスバルだけに大きな成功が見込めそうですね。

カップホルダーは19個

プラットフォームはインプレッサやXVと同じ「スバル・グローバル・プラットフォーム」を使用していますが、ホイールベースは2.89ミリ、全長は5メートル、と大幅にストレッチされています。

2019-subaru-ascent

エンジンは2.4リッター水平対向(ターボ)となり260馬力を発生。
トランスミッションは8速の変速ロジックが与えられたCVT。
もちろん駆動方式はAWDとなり、トルクベクタリングによる高い走行性能が特徴となります。

その他の装備としてはもちろん最新世代のアイサイト、3ゾーンエアコン、パワーアウトレット(コンセント)、USBソケット(8つもある)、カップホルダー(19個!)、6.5インチサイズのモニターを持つインフォテイメント・システム(上位モデルだと8インチ)など。

2019-subaru-ascent (1)

乗員は「8名」となっていますが、オプションで2列めをキャプテンシートに変更して「7人乗り」とすることも可能。
現時点では価格や燃費性能など詳細は公開されていないものの、納車は2018年夏を予定していると公開されており、製造はインディアナ州にある工場で製造される、とのこと(よって日本へ導入されるのであれば輸入車扱いに)。

あわせて読みたいスバル・アセント関連投稿

->スバル(SUBARU)
-, ,