ad-728





>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「カリナン」は仮称で発表時には別の名前に?なお「カリナン」は史上最大のダイヤ原石の名

2017/12/08

ロールスロイス・カリナンは「カリナン」ではない?

ロールスロイス初のSUV、カリナンは「カリナンではない」可能性が浮上。
これはロールスロイスによって語られたもので、「カリナンは単なるプロジェクト名であって市販時の名称を表しているわけではない」とのこと。
正式名称は2018年の第一四半期に公開されるとしていますが、その際に発表される名称が「カリナンではない」ということですね。
ただ、これは本社筋ではなくロールスロイスのアジア・パシフィック地域のコミュニケーション・マネージャーが語ったのみなので実際はどうなるのか不明。

「カリナン」は史上最大のダイヤ原石の名

現在カリナンについて分かっていることはさほど多くなく、しかしプラットフォームは新型ファントムと共通で、6.75リッターV12エンジンを搭載する、と見られます。

なおロールスロイスのボンネット先端にあるフライングレディーは「スピリット・オブ・エクスタシー」と言い、「スピリット(精霊)」に関連してか、ロールスロイスは「ゴースト(Ghost)」「ファントム(Phantom)」と霊に関連する名称が多い模様。
そのほかだとレイス(Wraith、生霊)、ドーン(Dawn、夜明け)、過去にはクラウド(Cloud、雲)、シャドウ(Shadow、影)、スピリット(Spirit、精神)、セラフ(Seraph、天使)という名称も。※一部には「シルバー(シルヴァー/Siver)」がつく。シルバーは、かつてテスト用の車両のボディカラーがシルバーだったことに由来

ちなみにカリナン(Cullinan)はアフリカで発見された史上最大のダイヤモンド原石の名前ですが(正確にはその鉱山のオーナーの名前で、この名前が原石に与えられることに)、現時点のプロトタイプはまさに「ダイヤの原石」で、市販モデルはその原石をカットし美しく仕上げたにふさわしい名が与えられるのかもしれませんね。

あわせて読みたいロールスロイス関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, ,