ad-728





>アウディ(Audi) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

アウディTTのフェイスリフトモデルが補足。前後バンパー、ライトやドアミラーが変更?

2017/12/15

さらにアウディの他モデルとの共通性が高められることに

アウディTTのフェイスリフトモデルが目撃に。
「え?もう?」という声があるかもしれませんが、本国だとTTは日本よりも1年ほど前に発売されているので、このタイミングが「普通」。
これを見ると現行モデルとあまり変わっていないようにも見えるものの、デイタイムランニングランプの発光方法が変更されているようにも見えます。

前後バンパーや燈火類が変更?

現行モデルでは横線と縦線を用いたシルエットに光り、しかしこのプロトタイプを見るとメルセデス・ベンツの「眉毛」のような形状になっていることがわかります。

Audi-TT-RSfacelift-3

現行TTのデイタイムランニングランプは、テールランプと同じシルエットに発光することが一つの特徴でもありましたが、これが「他のアウディの車と」同じように変更されてゆくのでしょうね。※一方でテールランプの発行方法はあまり変わっていないように見える

↓現在のデイタイムランニングランプの光り方はこんな感じ

DSC00928

なお、カモフラージュされている部分が変更を受けると考えてよく、となると前後バンパー、サイドステップ、ミラーが変更される、ということに。
グリルやテールパイプを見るとこのプロトタイプは「TT RS」のようにも見えますが、サイドステップ形状は現行よりもちょっとおとなしい形状と(反面、マフラーエンドは大きく)なっているようにも見えます。

サイドステップは「横」ではなく「下」に張り出しているように見えますが、現行の「横」に出ているサイドステップは「乗り降り」の際に非常に(出っ張りが)邪魔になるのも確か。
もしかするとそういったクレームが多く、形状を変更したのかもしれません。

↓こちらが現行のサイドステップ(Sライン)。格好良さと引き換えに乗降しにくい

tt45

内装については今回画像はないものの、最新のバーチャルコクピットとインフォテイメントシステムについてもアップデートされると思われます。

Audi-TT-RSfacelift-7

エンジンについては現行を踏襲すると見られており、わずかなパワーアップや燃費向上がありそう。
その他の変更点としてな内外装のカラー変更や追加がある、とも言われています。

8JTTのフェイスリフトにおいては、標準モデルに「Sラインと同様の前後バンパー」が与えられることとなりましたが、今回の8JTTにおいても同様に、フェイスリフトを受けたベースモデルのTTには「現行Sライン」の前後バンパーやサイドステップが与えられることになるかもしれませんね。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , ,